イタリア留学日記(10月13日)46~料理教室12日目

なんでイタリアの人はカルチョフィ(アンティチョーク)が好きなんだろう・・・・??
e0023471_1132046.jpg
市場に行くと必ず売られているカルチョフィ・・・・
確かに美味しいのだけど、何故あれほどまでにイタリア人を引きつけるのか???
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆この日のメニュー☆☆
ズッキーニのクロスティーニ
カルチョフィのペンネ
ストラッチェリ(ぼろきれの意) ペペローニ添え
リンゴのフリット


e0023471_119246.jpg
e0023471_1192674.jpg
ズッキーニのクロスティーニ(左):バルサミコ酢で香り付け。 これ、本当に美味しかった・・というか、トスカーナパンって塩気ゼロでクロスティーニの為に生まれてきたの?って思うくらいピッタリです。 日本のパンはみな塩入りなので、クロスティーニをするときには一度は自分で焼いてみよう!(なんて、未だ実行していませんが)。
カルチョフィのペンネ(右):私もカルチョフィは大好きなのですが・・・。 「固い部分は手で取り除いて、中心の柔らかいところ刻む」って、どこまでが固いところなのか・・・わかんない。 それに調理中に出る灰汁にはびっくり。 切るそばから色が変わるし、レモン水に浸すと水が黒くなるし、、、。 まあ、それだけ栄養もあるってことかなぁ?? 見た目地味ですが、美味しいパスタです(日本じゃ材料入手困難だけど)。

e0023471_11161634.jpg


e0023471_1116311.jpg

ストラッチェリ ペペローニ添え(左):薄切りの牛肉をちぎった布のように切るところから名前が付いたらしい。 イタリアンなのに、ここにオイスターソースとか加えたら間違えなく中華・・・かも。 
リンゴのフリット(右):輪切りのリンゴに衣を付けて揚げ、砂糖をまぶしただけの伝統的なデザート。 温かいリンゴが好きかどうかが<美味しい>と<いまひとつ>の差かな??

3週間一緒だったYukiちゃんと今日でお別れ。 明日から日本から来たお姉さんと合流して、明日から南イタリアを周るそうです。 Buon viaggio!!
そしてPandaは・・来週、遂に最終週に突入!!っとその前に、友人3人組が日本からやって来ます。
Ummm、何だか嵐の予感・・・・???
[PR]
by allegria1i | 2006-07-22 11:30 | イタリア留学日記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://allegria1i.exblog.jp/tb/3856466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by MauruuruA at 2006-07-22 21:43
私も初めてカルチョフィの下処理をしたときは、「なんじゃこりゃー!」っと思いました。大きなボールに水を入れてアスコルビン酸を溶かし、そこに何度も浸けたりしながら、あのちょっとしかない実の部分を徐々に削りだし、それをボールにまた落として、、、水も濁ってきてなんか、き、きたないなーって感じで悪戦苦闘してました。何回かやっているうちに扱いにも慣れ、早く作業できるようになりましたが、特に好物でもないので、今ではたまに大型高級スーパーで見かけても買う気にもなれず、すっかりご無沙汰。でもお勉強だと思ってそのうちまたやってみようかしら。。。
そして、揚げ物をなるべく避けている最近では、写真の揚げ物が妙に美味しそうに見えました。揚げパンかと思ったら、りんごの衣揚げとは驚きました。揚げドーナッツとか無性に食べたくなっちゃいました。
クロスティーにも、キノコとかトマトしか知りませんでしたが、ズッキーニもありなんですね。何でもアレンジ次第ってことですね。お勉強になりました。
Commented by hiro235 at 2006-07-22 22:03
私、まだ生のアーティチョーク、食べたことないんです。
さっきテレビで、アーティチョークに紫の花が咲いてるやつを見ました。
なんか、すっごくきれいで衝撃的でした(笑)
一度食べてみたいものです。
Commented by allegria1i at 2006-07-22 22:21
☆ Yamane さま ☆
どこまで剥いたらいいのか・・っていうのは、筍とちょっと似ていますよね。
イタリアではレモン汁と絞った皮をボウルに入れて灰汁をとります。 
まあビタミンである事にはかわりないですね。
カルチョフィで一番好きな食べ方は、炭火で丸ごとロースト。 
煙がすごいので家庭では無理ですが、何枚か黒焦げの部分を剥いだら
あとは一枚一枚しゃぶっていきます。 勿論、芯の部分の甘みは抜群。
イタリアでよく見かけたのは、フリッタータ(厚焼きの卵焼き)。
カルチョフィの甘さと卵の相性は抜群でした。 
Commented by allegria1i at 2006-07-22 22:25
☆ hiro さま ☆
私が始めて食べたのは・・・多分フランスだったと思います。
(フランス人もカルチョフィ、大好きなんですよね)
市場に行くといろいろな種類(色とか大きさとかが違う)があって、
何が一番美味しいのか、良くわかりませんでしたが・・・。
イタリア語のクラスで一緒だった方が、庭で育てている(種はどこで手に入れたのかなぁ)のを見せていただきましたが、凄く小さかったです。
やはり日本の気候・土壌だと難しいのかなぁ・・などと思いました。
味は賛否両論、、、、機会があったら是非一度。


板橋区高島平在住 「お手抜き主婦」 時々「イタリア料理教室の先生」 、『パスタ工房あ・まーの』の「工房長」もしている Pandaの日記です


by panda

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

自称「食クリエーター」が
日々の料理やワイン、雑感などを綴ります。
イタリア料理教室も主宰しています(お休み中)。
Pandaの
イタリア料理教室 HP


Panda'sが生パスタのレストランを始めました


『パスタ工房あ・まーの』の日記
毎日店舗で販売しているメニューを更新しています


トラックバック&コメントを承認制とすることにいたしました。
トラックバック&コメント後、直ぐに反映致しませんが、ご了承下さい。

なお、ブログ内容と関係のないコメントは削除させていただきます。

Pandaの(以前の)ワインblog

人気ブログランキングへ


パンダのお気に入りblog
Mangiaaa
Atsukoさんのブログ
しふぉんのわっか

フォロー中のブログ

イタリア生活日記ブログ+...
フランス美食村
イタリア料理留学日記
フィレンツェ田舎生活便り
おいしい~Photo D...
butakoの2年間の休...
海の青と空の青-ushi...
オリーヴオイルを追いかけて
ミルクムーン
ママさんシェフの料理日記
AppleMintの雑記帳
*イタリア料理紀行
猫森商会・お菓子日記
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
maman-maman
やまね日記
OLIVE
catsanのおいしいお話し
ゆとりの空感・aroma・
イタリア・絵に描ける珠玉...
Sweets@home*
スロースローカラブリア
ポン・グーのニャーな毎日
ココロの栄養
シチリア食通信 、時々イタリア
シチリア時間BLOG 2
mi piacciono...
La Tavola Si...
イタリア発 木のキッチン...
butako西の都に住む...

カテゴリ

全体
食材・料理
おやつ&デザート
食べ歩き
料理教室
Pandaの中国茶講座
料理教室・連絡
料理のツボ
プチプチリフォーム
カラブリアの旅 2013
ウンブリア州の旅 2012/13/14
サルデーニャの旅 2011
マルケ州の旅 2010
カンパーニャの旅 2009
フリウリ&ヴェネトの旅 2008
プーリアの旅 2007
2007夏 ローマ&フィレンツェ
リグーリア&ピエモンテ 2006
北イタリアの旅 2014
シチリア旅行記
イタリア留学日記
プチ旅行
フワラーレッスン
畑&ハーブ
パスタ工房 あ・まーの
wine
健康
喰いタン2
イタリア語教室
ワインスクール
ふしぎ
その他
2017 サレント半島
未分類

最新のコメント

自宅でアップしたので、新..
by allegria1i at 16:09
こんにちは! お久し振り..
by italiashiho2 at 15:04
一日休んだら、少し復活し..
by allegria1i at 22:52
こんにちは!  こんな..
by italiashiho2 at 14:12
★鍵コメ さま★ 連絡..
by allegria1i at 01:25
のぼりの素材って、生地が..
by allegria1i at 22:41
こんにちは! これ..
by italiashiho2 at 14:42

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
more...

ライフログ

イタリアの市場を食べ歩く
イタリア野菜のABC(アービーチー)
イタリア地方料理の探究―20州別に掘り下げる、イタリア料理の原点と今
シチリア・美食の王国へ―極上レストランとワイナリーを巡る旅
イタリアの地方菓子
ショコラが大好き!
料理人達の群像―フランス食卓史
銀色のフィレンツェ―メディチ家殺人事件
神々の食
オリーブオイルのすべてがわかる本
フジ子・ヘミング こころの軌跡(CCCD)

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
旅行・お出かけ

画像一覧