カテゴリ:リグーリア&ピエモンテ 2006( 27 )

11月22日 ~青い目の山羊さん。。。

e0023471_1184512.jpg
『青い目の山羊さん達』:写真じゃわかりませんが、近寄ると目が青い山羊さん達。。。

午前中の予定:チーズ工房見学、、、といっても実際は山羊さんとのご対面と試食がメインです。
前日のランチで食べた山羊のチーズ、、、この山羊さん達のお乳が原料。

ちなみに、山羊は自分の片足がのる場所さえあれば移動が出来るので
平地の少ない山岳地方では伝統的に山羊のチーズが多く作られています

e0023471_1113201.jpg
 『Robiola di Roccaverano (ロビオーラ・ディ・ロッカヴェラーノ)』
左から熟成期間 3日目、1週間目、3~4ヶ月目、6ヶ月目
だんだんと小さく、固く、色濃くなっていく様子がわかります。 
日本で食べるロビオーラよりも優しい香り、、、ちょっとミルクの甘い香りもします。
お味のほうは熟成が進むと、どんどんと濃厚になっていきます。 
香りは臭みというよりも深みのあるミルクの香りに変化している感じ。
Panda的には3~4ヶ月目のものが好きかなぁ~。。。。。

このチーズはECのD.O.P.(保護指定原産地表示)の認定を受けています。
きちんと管理された生産地できちんと美味しいものを食べてのびのび育った山羊さん達は
毛並みもツヤツヤ、、、、ストレスがないって事は、こういうことなんですねぇ~。

周りの環境は、、、、
[PR]
by allegria1i | 2007-01-26 11:31 | リグーリア&ピエモンテ 2006 | Trackback | Comments(2)

11月22日~朝の散歩

e0023471_10404163.jpg
『貴腐したモスカート』:カビの付いていないところをつまみ食い。。甘~くてジューシー♪


e0023471_10462764.jpg
朝食時間までほんの少し時間があったので、
アグリツーリズモの庭(畑?)をブラブラ。。。。

ちなみに<アグリツーリズモ>は日本語で<体験型民宿>と訳される事が多いけど、
実際に滞在してみると、かなり違う感じ、、、、
残念ながら、日本語でしっくりくる言葉が見つからないのですが。。。
とりあえず、、、、ゆっくりと時間が過ぎる自然の中のお宿です。

e0023471_1048333.jpg
いろいろなものがある庭(畑?)。 ハーブ達もとっても元気です。
<ざくろ>をちょっとつまみ食い、、、、これまた、甘~くてジューシー♪
e0023471_10504549.jpg


霧もだんだんとなくなり・・・・
何だかとっても良い天気になりそうです。

今日はどんな出会いがあるのかなぁ~。


朝食は、、、
[PR]
by allegria1i | 2007-01-26 10:55 | リグーリア&ピエモンテ 2006 | Trackback | Comments(0)

11月21日~いざ、ピエモンテへ④ 長い一日の最後。。

e0023471_14242541.jpg
『パネットーネ』:苦しいお腹と重たい瞼をこらえてのデザート。。。

やっと、お宿にたどり着きましたぁ~!!
お昼が遅かったので、、、全くお腹がすいていません(少なくてもPanda'sは)。
が、、、、折角ここまで来て「食べないで寝る」という選択はないよねぇ??
「夕食は少な目でお願いしてあります」ってコーディネーターさんも言っていたし。。。。

でも、、、この後思い知るのです。 イタリア人の「少なめ」の恐ろしさを・・・・
e0023471_1430165.jpg
前菜:『牛肉のたたき(ピエモンテの郷土料理)、人参のサラダ、セロリのサラダ』
『パプリカのバーニャカウダソース(ピエモンテの郷土料理)、チーズとクルミのサラダ』 
って、少なめなのに前菜2皿。。。。
「郷土料理を」の気持ちは嬉しいけど・・・「今夜は気持ちだけ頂きたい」がホントのとこ。。。
e0023471_14353055.jpg
プリモ&セコンド:『猪の煮込み ポレンタ添え』『うさぎの煮込み ポレンタ添え』
いや~、確かに『ポレンタ』も郷土料理なんですがぁ~。。。。
バターをたっぷり使ったトウモロコシ粉の練り物に肉の煮込みは、、、辛いでしょう。。。
しかも<猪>だし。。。(お腹がすいていたら、凄く美味しく感じたと思いますが、、、)

ジョルジョ(お宿のご主人)の心づくし、、、、たくさん残しちゃってゴメンナサイ。
今夜は「心」だけ有難く頂戴したと言う事で、、、許してね。

と食事が終わったのは、11時を回っており。。。。
長~い1日からやっと解き放たれたPandaでした。 オヤスミナサイ・・・・
 

もちろんワインも付いています。。。
[PR]
by allegria1i | 2007-01-25 14:48 | リグーリア&ピエモンテ 2006 | Trackback | Comments(2)

11月21日~いざ、ピエモンテへ③

兎にも角にも、バスは転落する事もなくカネッリの町にあるワイナリーへ到着(よかったぁ~)。

e0023471_13504343.jpg
イタリアの代表的なスパークリングワイン(スプマンテ)<ASTI>を造る『BOSCA』

日本ではまだ紹介されていない醸造所です。

入り口を入るとそこには、、、
瓶で作った<壁>。。。

これを見ただけでも
何だかこだわりを感じますねぇ~。

時間がないので、カーブを見学させていただきます。

e0023471_13561568.jpg
カーブは少しずつ拡張したとか。
で、一番古いところがここ。

昔、洪水にあったのを
被害にあった状況を
記念として保存?!

うーん、
日本人には理解不能な感覚。。

e0023471_142294.jpg 
<ASTI>は通常<モスカート>という品種で作りますが、ウォッカと蜂蜜を混ぜて造る古いスプマンテのレシピが見つかったとかで、
現在試作中。

完成までには、もう少し時間が掛かるようです。

それにしても、凄い滓(仕事を終えた酵母の死骸、瓶の下のほうに溜まっている白い物体)です。 どんな味がするのかなぁ~。

是非一度飲んでみたい!!


さらに菓子工場の見学へ、、、
[PR]
by allegria1i | 2007-01-25 14:20 | リグーリア&ピエモンテ 2006 | Trackback | Comments(0)

<番外編③>イタリアの思い出。。。。

e0023471_1182364.jpg
『フィットチーネ リグーリア風』:<夫>も一緒に生パスタを打ちました。。。

日曜日、Panda家にてイタリア旅行でご一緒した方々(といっても5名だけですが)と再会。
1人1品、予算を決めての持ち寄りの会です。 

イタリアでの思い出があれやこれや思い出され、、、あっという間に過ぎていく楽しい時間。

e0023471_11102426.jpg
写真を撮ろうと思うと、、、あれ~!!残っていない?!

e0023471_11104816.jpg
マグロに火を入れすぎたぁ~。
本番に弱い私。。。

この他に『ホウボウのカルパッチョ』とか『白トリュフのチーズ』『洋梨のタルト』とか
あったはず。。。なのですが、、、まるで手品のように胃袋の中に・・・・

遠くまでお運びいただき、ありがとうございました。

こんなに飲みました。。。スゴイ!!
[PR]
by allegria1i | 2007-01-23 11:19 | リグーリア&ピエモンテ 2006 | Trackback | Comments(6)

11月21日~いざ、ピエモンテへ②

バスに揺られること、、、、1時間弱。。。。そしてとんでもない山の中に私たちはいました。。。

昼食は宿泊場所の『agriturismo Rupestr』にて、時間は3時?!
3時っておやつの時間じゃない???

e0023471_10401752.jpg
『ひよこ豆のポレンタ』:バターがしっかりと、、さすがに北イタリアの山の中の料理。 
少量でもずっしりとお腹にきます。。。

軽めのお昼、、、と聞いていたのですが。。。。
e0023471_10433142.jpg
『クロスティーニ2種』『生ハムの盛り合わせ』『ロビオラチーズ(山羊のチーズ)』
生ハムはさすがに<美味しい>けど、ピエモンテに来た途端に&バスを降りてすぐにロビオラチーズはかなり<辛い>ものが、、、、、
e0023471_10435343.jpg
『ズッキーニの酢漬け』『ロビオラチーズのトルティーニーニ』
イタリアの酢漬けは本当に酸っぱい!!でも、何か後を引く味わいがあります。。。
トルティーニーニにはバターソース、、、、チーズとバターのダブルパンチですかぁ~。
これから数日間の食事に、Pandaの胃は耐えられるのかなぁ、、、とピエモンテ初日から不安。

で、、、、この後『トルタ ディ ノッチョーラ』(ヘーゼルナッツのケーキ)が。。。
これまた、バターとナッツの油がたっぷり。。。
こんなに寒いところだし、住んでいれば油脂も砂糖も体が欲するのでしょうが、、、、
通りがかりのツーリストには、ちと(いや、かなり)重たい昼食でした。

事件勃発!!
[PR]
by allegria1i | 2007-01-18 11:05 | リグーリア&ピエモンテ 2006 | Trackback | Comments(2)

11月21日~いざ、ピエモンテへ①

温暖なリグーリア州を後に、、、「極寒の地」?ピエモンテ州へ向かいます。
ワイン好きにピエモンテと言えば、即答されるのが<バローロ><バルバレスコ>。
今日はカンティーナ(ワイナリー)の見学がメインの日程。。。。他には何もないはずでした、、、
超楽チンと思いきや、、、、長~い一日になるのでした。
e0023471_16364367.jpg
『MARCHESI DI BAROLO』
12世紀から続く由緒正しき家系が所有するカンティーナです。
バローロに到着してから、、、、同じ道を何度往復した事か。。。。
いや~、実は前日くらいからドライバーのロベルト、
ひょっとしてあまり勘が良いほうではないのでは、、と薄々は気付いていたのですが・・・
3回目に同じ道を通った時にはさすがに「マズイ、、、迷っている」(ってそんなに大きな町ではないと思うのですが・・・)。 コーディネーターさんもアポの時間があるので、焦っているみたい・・。

到着してみれば、とっても有名な且つ大きなカンティーナ、、、なんで迷うのかなぁ~。
バスを降りた時点で、ヘロヘロのPandaちゃん。。。(車に弱いのです)。 
が、中庭に入りちょっとご機嫌。。。なぜなら・・・
e0023471_16504191.jpg
あちらこちらが、↑な感じで飾られているのです。 何だか美味しいワインが飲めそうな雰囲気?
e0023471_16521192.jpg
ティスティングルームもアンティークで渋い!! 
ワングラス3ユーロだそうで(イタリアで有料なのは初めてでした、、ヨッ!!しっかり経営)
3種類を<夫>と2人でシェアーして楽しみました。
e0023471_16543734.jpg
(左から)
『バルベーラ ダルバ 2004』『バルバレスコ 2003』『バローロ レゼルバ 2000』
最初に頂いた『バルベーラ』で充分満足できる香りと味&残り香。。。
『バローロ』あたりになると、すきっ腹にワインでホロ酔い(いや、かなり酔い)状態で、
ただ「美味しかったぁ~」としか記憶が。。。。 味を正確に伝えられなくてすみません。。。
(カンティーナの様子は後日ワインブログの方にUPします)

オバ様方のお買い物攻勢(これがいつも長いんですぅ)もあり、カンティーナを出たのは予定時間を遥かに過ぎて、、2時近く。 
昼食もまだ食べていないのにぃ。。。。バスは一行を乗せてゴトゴトと昼食場所に向かうのでした。
(続く)
[PR]
by allegria1i | 2007-01-15 17:06 | リグーリア&ピエモンテ 2006 | Trackback | Comments(4)

<番外編②>お土産はどんな味?!~その2

年末はどうもバタバタしますねぇ~で、ブログもちょっくら間が空いてしまいました。。。
その間、遊びに来てくださった皆さま、、、申し訳ありませんでした。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
e0023471_18163842.jpg
『インスタントリゾット 黒トリュフ風味』(by クノール)
e0023471_18175850.jpg
パッケージはこんな感じで、、何気なくスーパーのインスタント食品売り場に。。。
これを見逃すPandaではありません。 尽かさず・・・Get!!
作り方はイタリア語で表記されていたのですが、図解もされているし・・何とかなるだろう。。
で、しっかり水の分量を間違えましたが、、、何とか出来上がりました。
これ、予想外のHit、、、もっと買ってくればよかった。。。。(後の祭りたぁ、この事でぃ)

イタリアのインスタント食品、、、侮れませんねぇ~。
スーパーをゆっくり見る時間を作るべきでした(かなり悔しい。。。。。)

こんなものも作ってみました
[PR]
by allegria1i | 2006-12-26 18:28 | リグーリア&ピエモンテ 2006 | Trackback | Comments(10)

<番外編①>お土産はどんな味?!

イタリアで頂いたり、購入したりした食材達・・・
どんなお味か、味見を兼ねて友人を招いての『X'mas Party(かなり早め)』
e0023471_12481679.jpg
『トロフィエ(リグーリアのショートパスタ)』『ジェノベーゼソース』『バーニャカウダソース』
『モスカート ダスティ(ワイン)』
 などなどを使ってみました。。。

e0023471_12532750.jpg
アルバで買った『白トリュフ風味のトーマピエモンテ』(左)等を盛り合わせた前菜
チーズまで香りが移っていて、超美味なり・・・・。 幸せな気分全開です~♪
e0023471_12595025.jpg
温野菜には『バーニャカウダソース』(左)アンチョビ臭さがなくて、食べ易い!
『トロフィエ』『ジェノベーゼソース』を使ったリグーリア風のパスタ(右)はジェノベーゼソースも新鮮で、これまた「美味し~い」。。。

e0023471_134141.jpg
お招きした友人から送っていただいたリンゴをパイにして
『モスカート ダスティのジャム』をたっぷりと、、、、
リンゴの食感とモスカートの甘酸っぱさが何とも後を引きます。

まだまだ残っている食材達。。。。
次の味見は、、、、お正月でしょうか??


簡単にX'mas気分
[PR]
by allegria1i | 2006-12-18 13:09 | リグーリア&ピエモンテ 2006 | Trackback | Comments(2)

11月20日~午後は社会科見学?!

e0023471_10272220.jpg
『Olio Carli』のオフィス兼工場

『オリーブオイル博物館』見学の予定が、、
博物館を所有する『Olio Carlo』社の駐車場に
バスを止める交渉をしていたら、、、、
何故か工場見学の話になり、、、、
<社会科見学>となりました。。。
2:30PM~午後の仕事が始まるというので外で待機していたら、
自家用車が続々と入ってきます。 お昼ごはんは<家でしっかり>食べるんですねぇ。
話には聞いていましたが、実際に光景を見ると何だか不思議な感じ。。。
e0023471_10371723.jpg
オフィスに入ると、会社の歴史を語るようにポスターやら昔の缶やら展示してあります。
既に『博物館状態』。 突然の訪問にも拘らず、歴史から始まり・・・丁寧な説明。
ありがとうございました。
e0023471_10394357.jpg
元は印刷会社だったのが、オリーブ製品全般に扱う<企業>へ発展。 
そして発展の基礎はやっぱり<ファミリー>。 「家族を大切にする心」が「企業の発展」に繋がる、、強い<絆>を感じました。 ちなみにこの会社は卸売りはせずに顧客への直販専門とか。。 
会社が大きくなっても<無理をしない>姿勢、勉強になります。
e0023471_1043445.jpg
工場の中の様子。 
広~い工場で、製造からパッケージの印刷・梱包・発送まで一貫して行っています。
かなり機械化が進んでおり、従業員は300人もいないそうな・・・ちょっとビックリ。 
写真中央と右はフラントイオ。 「オイル絞りは明日から・・」とのこと。 ちょっと残念。。。

『オリーブオイル博物館』、、、
[PR]
by allegria1i | 2006-12-14 10:58 | リグーリア&ピエモンテ 2006 | Trackback | Comments(6)


板橋区高島平在住 「お手抜き主婦」 時々「イタリア料理教室の先生」 、『パスタ工房あ・まーの』の「工房長」もしている Pandaの日記です


by panda

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

自称「食クリエーター」が
日々の料理やワイン、雑感などを綴ります。
イタリア料理教室も主宰しています(お休み中)。
Pandaの
イタリア料理教室 HP


Panda'sが生パスタのレストランを始めました


『パスタ工房あ・まーの』の日記
毎日店舗で販売しているメニューを更新しています


トラックバック&コメントを承認制とすることにいたしました。
トラックバック&コメント後、直ぐに反映致しませんが、ご了承下さい。

なお、ブログ内容と関係のないコメントは削除させていただきます。

Pandaの(以前の)ワインblog

人気ブログランキングへ


パンダのお気に入りblog
Mangiaaa
Atsukoさんのブログ
しふぉんのわっか

フォロー中のブログ

イタリア生活日記ブログ+...
フランス美食村
イタリア料理留学日記
フィレンツェ田舎生活便り
おいしい~Photo D...
butakoの2年間の休...
海の青と空の青-ushi...
オリーヴオイルを追いかけて
ミルクムーン
ママさんシェフの料理日記
AppleMintの雑記帳
*イタリア料理紀行
猫森商会・お菓子日記
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
maman-maman
やまね日記
OLIVE
catsanのおいしいお話し
ゆとりの空感・aroma・
イタリア・絵に描ける珠玉...
Sweets@home*
スロースローカラブリア
ポン・グーのニャーな毎日
ココロの栄養
シチリア食通信 、時々イタリア
シチリア時間BLOG 2
mi piacciono...
La Tavola Si...
イタリア発 木のキッチン...
butako西の都に住む...

カテゴリ

全体
食材・料理
おやつ&デザート
食べ歩き
料理教室
Pandaの中国茶講座
料理教室・連絡
料理のツボ
プチプチリフォーム
カラブリアの旅 2013
ウンブリア州の旅 2012/13/14
サルデーニャの旅 2011
マルケ州の旅 2010
カンパーニャの旅 2009
フリウリ&ヴェネトの旅 2008
プーリアの旅 2007
2007夏 ローマ&フィレンツェ
リグーリア&ピエモンテ 2006
北イタリアの旅 2014
シチリア旅行記
イタリア留学日記
プチ旅行
フワラーレッスン
畑&ハーブ
パスタ工房 あ・まーの
wine
健康
喰いタン2
イタリア語教室
ワインスクール
ふしぎ
その他
2017 サレント半島
未分類

最新のコメント

自宅でアップしたので、新..
by allegria1i at 16:09
こんにちは! お久し振り..
by italiashiho2 at 15:04
一日休んだら、少し復活し..
by allegria1i at 22:52
こんにちは!  こんな..
by italiashiho2 at 14:12
★鍵コメ さま★ 連絡..
by allegria1i at 01:25
のぼりの素材って、生地が..
by allegria1i at 22:41
こんにちは! これ..
by italiashiho2 at 14:42

以前の記事

2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
more...

ライフログ

イタリアの市場を食べ歩く
イタリア野菜のABC(アービーチー)
イタリア地方料理の探究―20州別に掘り下げる、イタリア料理の原点と今
シチリア・美食の王国へ―極上レストランとワイナリーを巡る旅
イタリアの地方菓子
ショコラが大好き!
料理人達の群像―フランス食卓史
銀色のフィレンツェ―メディチ家殺人事件
神々の食
オリーブオイルのすべてがわかる本
フジ子・ヘミング こころの軌跡(CCCD)

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
旅行・お出かけ

画像一覧