<   2005年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

気合~!!

やっと涼しくなって、夏バテもちょっと収まり料理を作る気力が出てきました。
e0023471_102086.jpg
久々<気合~!!>を入れて作った昨日の夕食です。 とはいえ、時間が無かったので結構お手抜きですが・・・。

一番気合を入れたのが『烏賊のお造り』。 刺身に出来る新鮮な烏賊を頂いたので、内臓を抜いて(これは日本酒と塩を掛けて、アルミに包んでオーブン焼き・・・Pandaは苦手ですが<夫>の大好物)、皮を剥いて・・・っと。 烏賊の恨めしそうな目にも負けず、まずまずの出来上がり。コリコリしていて美味しかったです。 ゲソは葱と『ぬた』にして(ちょっと水っぽくなっていますが・・)。 

画面の右端にちょっと見える黄色の物体は『桃の胡麻豆腐ソース』。 hirominさんが『桃の田楽』をしたというのを読んで、桃の料理が作ってみたくて即席で作りました。 何てたって、冷蔵庫にあった胡麻豆腐を潰して味をつけて掛けただけなのですから、超お手抜き。 本当はちゃんと裏ごしとかすれば、もっと綺麗に美味しくなるだろうが・・・そこまで手を掛ける気力は残っておりませんでした・・・。 それでも口に入れると桃の甘さと胡麻のまったり感が結構面白かったけど、<夫>は初めて食したものだったので???が頭の中に溢れている様子でした。

あとは、定番『鰹の漬け丼』『お吸い物』(ちょっともみじの麩なんか浮かべてみました)。 鰹に血合いが多かったのでちょっと生臭くなってしまったのが残念。 作っているときに少しとるべきか・・悩んだけど、栄養(鉄分)豊富なのでそのまま作っちゃいました。

奥に見えるのは、『キュウリとトマトの和風サラダ』。キュウリに塩をして、出てきた水分で乾燥めかぶ昆布を戻す・・という荒業(でも栄養が逃げない感じがするでしょ?)に醤油でちょっと味を足したもの。 昆布の出汁が出るので、簡単で美味しい!! キャベツ、茄子・・いろいろ応用できます。 紫蘇・冥加なんかを加えるとバリバリ食べられますよ。

<気合~!!>でいろいろ作ってみた食卓・・・一応☆☆☆☆+半、頂きました。
[PR]
by allegria1i | 2005-08-31 10:25 | 食材・料理 | Trackback | Comments(0)

サジキ風サラダ

e0023471_10315215.jpg
朝晩はだいぶ涼しくなってきましたが、日中はまだまだ日差しも強く30℃以上の日が続きます。 夏バテで疲れている胃と体の中に溜まっている熱を放出させるように、と<サジキ風サラダ>を作ってみました。

<サジキ>はギリシャ料理でキュウリの粗みじん切りとヨーグルトのサラダ。 ギリシャには固いヨーグルトがあるらしいのですが、日本のものは水分たっぷりで柔らかい。 プレーンヨーグルトを1時間程水切りをして使うのが常道ですが、この水分<乳清>という栄養素(特に水溶性植物繊維)がたっぷりの有難い水分なのです。 ということで、Pandaはいつもそのままでヨーグルトドレッシング風のサジキを作ります。 

<ドレッシングの作り方>
 ニンニクのみじん切り1片分+ワインヴィネガー+ヨーグルト+塩・胡椒 
 これを混ぜて、馴染むまで冷蔵庫に・・・で、出来上がりです。

キュウリは千切りにして、時には豆類とかいろいろ混ぜてドレッシングを掛けて・・・。 水分が多いので、食べる直前にドレッシングを掛けるのがポイント。

お試し下さい!!
[PR]
by allegria1i | 2005-08-30 10:50 | 食材・料理 | Trackback | Comments(0)

フォカッチャを作りました!!

昨日は料理教室。 8・9月メニューの初日です。 いつでも初めてレシピでのレッスンは緊張します。 しかも今回は『フォカッチャ』・・。 その日の気温とか湿度に影響されるメニューなので、尚更です。 
e0023471_17102818.jpg
時間内で焼きあがる設定にはしているのですが、万が一に備えて朝から試食用のフォカッチャを準備(レッスンで焼いたものは、お土産に・・・)。 
左はフレッシュローズマリーを練りこんだもの、右はプーリア風ジャガイモのフォカッチャ。 
売っているジャガイモのフォカッチャは、ジャガイモ比率が高く強力粉を使用していてモッチリとした食感で、反面冷めると味が落ちてしまいます。 今回は食感を軽くするためにジャガイモ比率を下げ、粉の半分を薄力粉にしてみました。 イメージは冷めても美味しくサンドウィッチにも使えるようなフォカッチャ。 豚肉の野菜巻きアンチョビソースを挟んで食べてみたら・・・狙い的中!!
ローズマリーのフォカッチャは強力粉100%です。 こちらはモッチリしたなかにローズマリーの香りがほんのりと・・・食べ応えがありました。 
幸い、パンの発酵には丁度よい気候だったようでレッスンで作ったフォカッチャも大成功! ほっと「ひと安心」の瞬間です。
e0023471_1722960.jpg
料理&テーブルの全体。 残暑厳しい中にも秋の様子を感じるこの頃・・ということで<初秋>のイメージにしてみました。 テーブルのライナーに使っているのは化学繊維素材のストールです。 紙ナフキンは無地のものを使いたかったのですが、準備が間に合わず洋風のものになっちゃいました(反省・・・)。

e0023471_1726098.jpg8・9月のワインとお茶。 
ワインはアンチョビソースに合わせて、白のちょっと個性のあるものを用意してみました(ヴァン・ド・ペイドックのヴィオニエ) 

お茶はグレープフルーツウーロン茶(アイスティー用)(彩香で購入)をホットで。 デザートの栗のセミフレッドの甘さを中和してくれてスッキリとまとまりました。  このお茶、凍頂烏龍茶にドライハーブを混ぜてグレープフルーツの香りを出しています。 煎れる前の茶葉の香りがあまりにも個性的で「グレープフルーツの香りになるの?」と一瞬不安になりましたが・・・。 煎れてみるとしっかりグレープフルーツの香りがします。 びっくりしました。 いや~、お茶の世界も深いですね。
 
[PR]
by allegria1i | 2005-08-29 18:00 | 料理教室 | Trackback | Comments(2)

アメリカのワイン達

昨日は久しぶりにワインスクール。 体調ちょっと↓で、飲み過ぎないように・・と、心の中で固く誓っての参加だったはずなんですが・・・。 かなり良い気持ちでの帰宅でした。

昨日のテーマはアメリカのワイン。 といっても、生産量の7割がカリフォルニア州で造られているので、話の中心は(というより、それのみ・・)カリフォルニアです。 講義が始まりました・・でも、閑散とした教室。 木曜日の台風で、皆さん仕事を早く切り上げたりして、しわ寄せが来ているのでしょうか。 なーんて事は気にせずに、いつもの『熱い講義』が始まりました。 今日の先生、話し方がちょっとゆっくりめ。 でも、話は熱いです。 ちょっと油断したらどんどん加速されてい来ます・・・が、例によって30分経っても予定の半分も終わっていません・・。 先生が直接訪問されたワイナリーの話になると、写真がどんどん出てくるし、思い出話も出てくるし・・・、果てはアメリカ社会の2重構造の話(一般訪問とコネクションでは天と地の差があるらしいです)に発展。 終わるのかなぁ・・・・(かなり不安)。 結局7分オーバーで終了、気がつけば教室の席も埋まっておりました。

Pandaはカリフォルニアには行った事がないので、話も写真もとっても興味深く、特に写真を使いながらの地形の説明は、とってもわかり易かったです。 

ただ・・・ホワイトボードに書かれた地形とワイン産地の分布図・・・あまりにラフで、見て直ぐに東西南北がわからなかったのは私だけ? 地図って本当に難しいです。
e0023471_9231799.jpg
これが今回の試飲アイテム。 
カリフォルニア=暑い=葡萄が熟す(糖度が↑)=アルコール度数が↑、というわけで一番低いものでも13.5%。 一番左の最初に試飲した白ワインは15%・・・・フランスだと12~13%位なので、ワインが好きだけどアルコールにはめっぽう弱いPandaにはある意味<試練>の試飲でした。 最初でダブルパンチくらいのダメージが・・・。 美味しいんだけど強い・・・。 
詳しくは ワイン専門ブログをご覧下さい。
e0023471_932374.jpg
お友達が、おつまみを作ってきてくれました(実は、これが一番の楽しみだったりして)。 コメントを書いたり、なんだかんだでバタバタしてゆっくりと味わえなかったのが、心残りです。


Pandaはルバーブジャムと巨峰のジャムの一口パイをデザートに持参。 
デザートのつもりが、パイ皮のバターが妙に白ワインとマッチングして・・・・前菜になっちゃいました。 

次回は、ちょっと苦手のチリ・アルゼンチン・・・。 どうも体にあわないらしく、どんなに高級なものを飲んでもこの二つの国は必ず頭が痛くなるのですが・・・大丈夫かなぁ。

熱い語りのワインスクールはこちら
 
[PR]
by allegria1i | 2005-08-27 09:54 | ワインスクール | Trackback | Comments(0)

台風・・・

昨夜、東京は台風がすごい勢いで通り過ぎていきました。 台風・・といえば「小さい頃はワクワクした」なんていう人もいますが、Pandaは子供の頃から大嫌い。 特に、風の音。 鉄筋コンクリート製のマンションに住んでいる今でさえ、家ごと吹き飛ばされそうで怖いのです・・・。

外にも出られないし。。。となると、楽しみは食べること。 が、夏バテ気味のPandaは料理をする気力もなく、でも食べないとますます気力が出ないし・・・。 何とか作ったのが<ツナとトマトの冷製パスタ>
e0023471_11302230.jpg

口当たりと喉ごしが良ければ何とか食べられるかなぁと思って、作ってみました。 冷製パスタだと、鍋+ボウルだけで作れるので、片付けも楽だしね。 トマトの湯剥きに使った湯でパスタを茹でて、冷たい水で麺を冷やしながら〆ます。 こんな時に便利なのが『保冷材』。 どんどん新しいのを投入すると、結構いい感じに冷えてくれます。

ソースはお手抜きで、トマト+ツナ+マスタード+めんつゆ(濃縮)・・その他をボウルで混ぜて冷やしただけ。 めんつゆがツナの臭みを消します(ほんのちょっとだけ入れるのがコツ)。

元気がないときに作った料理は、なんとなく勢いがなくて美味しくないことが多いけど、<ツナとトマトの冷製パスタ>はPanda(夫)も合格点をくれました。 
[PR]
by allegria1i | 2005-08-26 11:41 | 食材・料理 | Trackback | Comments(3)

ゴーヤのピクルス

先日、実家の母が新聞に<ゴーヤのピクルス>の作り方が載っていたとコピーを持ってきてくれました。 農園は夏野菜が終了、秋野菜の植え付けの準備に土を休ませているところなのですが、ゴーヤだけ残っています。 しかも・・・何だかすごーい勢いで実がなっています。 ゴーヤチャンプルもいろいろ具を変え、天麩羅にしたり、甘味噌炒めにしたり・・・・ちょっと食傷気味。 それでも、<ピクルス>を作るのは躊躇しておりました。 実はPanda、<酢っぱいもの>があまり好きじゃないのです。 実家で試食したのも<苦酸っぱい>(鼻の頭に汗をかくくらい)・・という、一番苦手な味。 が、昨日「○○ガッテン」で酢の効能を取り上げていたこともあり、今日は台風で外に出れないこともあり・・・・で、ちょっと試しに作ってみた次第。

e0023471_11211631.jpgとにかくゴーヤに限らず、苦いのは苦手なので『塩を振りかけて5分』とあったところを『15分』かけてしっかりと苦味抜き(したつもり)。 レシピに『酢』とあったのを『白ワインヴィネガー+イチジクのヴィネガー』に変えて、酸味をまろやかに。 更に、少しでも香りでごまかそうかと『砂糖』を『蜂蜜』に変えてみました。 あと、ハーブもいろいろ加えて・・・と、少しでも苦手な要素をごまかそうといろいろ加えてみたわけです。 で、出来上がったのがこれ→



e0023471_11362343.jpgさて、試食。 
うーん、苦い・・。 あの15分は何だったの? ひょっとして、何分おいても一緒? でも、いろいろな香りがするので大丈夫みたい。 ワインヴィネガーと蜂蜜が大正解だったようです。 

早速今日からサラダに混ぜたり・・で何だか料理に使えそうな感じ。 
作ってよかった<ゴーヤのピクルス>でした。
[PR]
by allegria1i | 2005-08-25 11:57 | 食材・料理 | Trackback | Comments(0)

巨峰のジャム

義姉が、とてつもなく大きな実がぎっしりとついた巨峰をたくさん送ってくれました。 実の直径、大きいものだと2.5cm位はありそうです。 Panda(夫)が食べるたびに、周りに汁を飛ばしてべたべたになるほどとってもジューシー。 そのままでも勿論美味しいのですが・・・贅沢にもジャムを作ろう!!かと。
e0023471_1053196.jpg

<左> 皮を剥いて鍋に入れたところ・・・とっても大きい一房分です。 折角の巨峰なので色と香りを強くするために、お茶用の紙パックに皮を詰め込んで一緒に。 砂糖も40g位(?)入っています(入れなくても良かったかも)。
<右> ジャムの状態。 洗濯を干したり・・の合間に火に掛けていたので、灰汁とりもせず煮込んでしまいました。 が、『素材よければすべて良し』ですね。 皮の色と香りもしっかりとつきました。 最後に、すだち汁(レモンの代用。 頂き物です・・)とライチのリキュールを少々。

煮詰めている間、キッチンにはずーっとワインが醗酵する時のような香りが漂っておりました。 ワイン好きにはたまらない香りですねぇ~。

ライチのリキュール、結構便利です。 お菓子とかにはオレンジ系とかさくらんぼのリキュールを使うことが多いのですが、ライチのリキュールを使うとちょっとだけトロピカルだけど素材の邪魔をしない・・そんな感じの仕上がりになるような気がします。 Pandaはジャムにはライチを使うことが多いです。

e0023471_114256.jpg
出来上がったジャムをヨーグルトにかけて食べてみました(ヨーグルトも自家製です)。 巨峰の香りが凝縮していて・・・molto bouno(とっても美味しい)!! 大満足の出来上がりでした。
[PR]
by allegria1i | 2005-08-23 11:17 | 食材・料理 | Trackback | Comments(0)

八ヶ岳の野菜たち-④< 人参の生パスタ>

とにかく・・暑い!! Pandaは夏バテで食欲減退。 料理をするのもフラつき気味・・・。 でも、野菜たちがPandaを待っています。
e0023471_12221166.jpg
ちょっと頑張って、八ヶ岳の人参を練りこんだ生パスタを作ってみました。 
パスタマシンさえあれば、さほど大変な作業ではありません(ただし、量が多いときは別ですか・・・)。 Pandaの食欲がないので、これで1.5人分くらいかな。 
<分量>
強力粉 150g
全卵   1個
人参   70g位?(適当、電子レンジでチンしてオリーブオイル少々を加えペースト状に)
塩 少々

とにかく、これらを混ぜてあとはパスタマシンで伸ばして、伸ばして、・・・・
切るだけです。彩りもかねてバジリコのみじん切りを最後に入れてみました。

e0023471_122916100.jpg
出来上がりはこんな感じ。 ソースはガーリックオイル+生ハム+パルミジャーノレジャノ(粉状)のみ。
パスタを噛んでいると、人参の甘みがしてきます。 さすが、八ヶ岳の人参は味が濃い!! 生ハムの塩気と相性抜群でした。

パスタ評論家?Panda<夫>の評価: ☆☆☆☆☆
(個性の強い麺とソースの相性がgood、特に生ハムが美味しかった
らしい・・だってイタリア製のお取り寄せですから)

[PR]
by allegria1i | 2005-08-21 12:39 | 食材・料理 | Trackback | Comments(2)

鰹料理のお話

Panda(夫)は刺身があまり好きじゃない・・・なぜなら『生臭い』から。 
今の時期、鰹の切り身が安いし、刺身は火を使わないので調理も楽だし・・・で、何とか食べてもらおうと作ったのがこれ。
e0023471_15203121.jpg
<鰹の漬け>
市販の昆布だし醤油+香味野菜たくさん+レモン汁少々。 
これに鰹の切り身を漬け込みます。 ここで大切なのが『漬け込む』作業。 
たれをドレッシングのように掛けただけだと、まだ生臭さが残ってしまって美味しくないのです。 
香味野菜は、お決まりの生姜・青紫蘇・ねぎ、夏バテ気味のときは更ににんにく(すり卸し)
レモン汁は身が締まらず風味がつく程度に(これも後から掛けるだけだと、何故か生臭い)。 鰹の切り身の上に香味野菜を載せ、レモンのスライスを載せておいてもOKです。
漬け込みの時間によって、切り身の厚さを変えています。 
冷蔵庫に寝かせておくだけなので、超簡単!! お薦めです。

この日は、彩りに蛇腹キュウリの酢の物を付け合せてみました。

e0023471_15274748.jpg
副菜はこんな感じで・・・
・えだまめ豆腐
・ピーマンの煮浸し
・チシャレタスの和風サラダ
(醤油+米酢+ゴマの即席ドレッシング)


とにかく暑い夏、簡単・短時間・火を使わないメニューと格闘する毎日です!!
[PR]
by allegria1i | 2005-08-19 15:39 | 食材・料理 | Trackback | Comments(0)

焼き大福?!

昨日はお出かけ。 東横線大倉山に住むPandaのお友達と昨年生まれたtwinsに会いに行ってきました。 身近に赤ちゃんがいないPandaにはtwinsの動きは???の連続。 けどクリっとした目がてかわいかったなぁ。 別々の動きをするので、お母さんはとっても大変そうでした。 お母さん、頑張れ!!

丁度ティータイムの時間にお邪魔したので、和菓子とコーヒーをご馳走になりました。 餡子とコーヒーって何か共通の香りがあるようで、意外に相性がよいのです。 昔、京都で<コーヒー善哉>なるものを食べて?(飲んでかな?)、意外な美味しさに感激したことがあります。 

おっと、話はそれましたが出された和菓子が変り種。 麩饅頭・くず桜・だだちゃくず桜・・・とこの辺りまでは味の見当もつきますが・・・。 更にブルーベリー大福、カフェ・オレ大福・・・。 あとで調べてわかったのですが、大倉山の和菓子屋<わかば>は、初めてカフェ・オレ大福を作ったところなんだそうです。 芸能人も御用達とか。 カフェ・オレ大福もブルーベリー大福、それぞれ白餡にブルーベリーとミルクコーヒーを混ぜ、中心にホワっとしたホイップクリームが入っていました。 甘すぎず、柔らかい皮とともにまったりと口の中に広がる味は、体験したことがない人には上手く伝わらない・・・かも。 珍しい和菓子、ご馳走様でした。

e0023471_10371982.jpg帰り道、餡子好きのPanda(夫)へのお土産に和菓子を数種類購入。 その中の一つがこれ<焼き大福>。 こし餡の大福の上に醤油を塗って焼いたのだそうです。 醤油の塩気+香ばしさと甘すぎない餡子&皮(上は焦げているけど、周りは柔らかい)のバランスが絶妙。 大変おいしゅうございました。

和菓子評論家?Panda(夫)の評価:☆☆☆☆☆(餡子ものとしてのレベルは高い!洗練されている)
Pandaの評価:☆☆☆☆(どうすれば、上部だけカリっと焼けるの?)
[PR]
by allegria1i | 2005-08-18 10:54 | おやつ&デザート | Comments(0)


板橋区高島平在住 「お手抜き主婦」 時々「イタリア料理教室の先生」 、『パスタ工房あ・まーの』の「工房長」もしている Pandaの日記です


by panda

画像一覧

プロフィール

自称「食クリエーター」が
日々の料理やワイン、雑感などを綴ります。
イタリア料理教室も主宰しています(お休み中)。
Pandaの
イタリア料理教室 HP


Panda'sが生パスタのレストランを始めました


『パスタ工房あ・まーの』の日記
毎日店舗で販売しているメニューを更新しています


トラックバック&コメントを承認制とすることにいたしました。
トラックバック&コメント後、直ぐに反映致しませんが、ご了承下さい。

なお、ブログ内容と関係のないコメントは削除させていただきます。

Pandaの(以前の)ワインblog

人気ブログランキングへ


パンダのお気に入りblog
Mangiaaa
Atsukoさんのブログ
しふぉんのわっか

フォロー中のブログ

イタリア生活日記ブログ+...
フランス美食村
イタリア料理留学日記
フィレンツェ田舎生活便り
おいしい~Photo D...
butakoの2年間の休...
海の青と空の青-ushi...
オリーヴオイルを追いかけて
ミルクムーン
ママさんシェフの料理日記
AppleMintの雑記帳
*イタリア料理紀行
猫森商会・お菓子日記
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
maman-maman
やまね日記
OLIVE
catsanのおいしいお話し
ゆとりの空感・aroma・
イタリア・絵に描ける珠玉...
Sweets@home*
スロースローカラブリア
ポン・グーのニャーな毎日
ココロの栄養
シチリア食通信 、時々イタリア
シチリア時間BLOG 2
mi piacciono...
La Tavola Si...
イタリア発 木のキッチン...
butako西の都に住む...

カテゴリ

全体
食材・料理
おやつ&デザート
食べ歩き
料理教室
Pandaの中国茶講座
料理教室・連絡
料理のツボ
プチプチリフォーム
カラブリアの旅 2013
ウンブリア州の旅 2012/13/14
サルデーニャの旅 2011
マルケ州の旅 2010
カンパーニャの旅 2009
フリウリ&ヴェネトの旅 2008
プーリアの旅 2007
2007夏 ローマ&フィレンツェ
リグーリア&ピエモンテ 2006
北イタリアの旅 2014
シチリア旅行記
イタリア留学日記
プチ旅行
フワラーレッスン
畑&ハーブ
パスタ工房 あ・まーの
wine
健康
喰いタン2
イタリア語教室
ワインスクール
ふしぎ
その他
2017 サレント半島
未分類

最新のコメント

自宅でアップしたので、新..
by allegria1i at 16:09
こんにちは! お久し振り..
by italiashiho2 at 15:04
一日休んだら、少し復活し..
by allegria1i at 22:52
こんにちは!  こんな..
by italiashiho2 at 14:12
★鍵コメ さま★ 連絡..
by allegria1i at 01:25
のぼりの素材って、生地が..
by allegria1i at 22:41
こんにちは! これ..
by italiashiho2 at 14:42

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
more...

ライフログ

イタリアの市場を食べ歩く
イタリア野菜のABC(アービーチー)
イタリア地方料理の探究―20州別に掘り下げる、イタリア料理の原点と今
シチリア・美食の王国へ―極上レストランとワイナリーを巡る旅
イタリアの地方菓子
ショコラが大好き!
料理人達の群像―フランス食卓史
銀色のフィレンツェ―メディチ家殺人事件
神々の食
オリーブオイルのすべてがわかる本
フジ子・ヘミング こころの軌跡(CCCD)

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
旅行・お出かけ

画像一覧