<   2006年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2-3月 スペシャルコース

18・19日に引き続き、またまた週末2日連続で料理教室・・・。
花粉症も始まり、ちょっぴり不安なPandaデス・・・・。

皆さん揃ったところで、お茶とお菓子をつまみながらレシピを説明します。
2時間位は立ちっぱなしになるので、エネルギーの補給も兼ねて。

e0023471_11264130.jpg
テーブルもちょっと春っぽくアレンジ・・・。 
家にあるものをあちらこちらから寄せ集めて、何とか格好になりました。 クロスのシワは見ないことにして下さい。
e0023471_11292965.jpg
前菜『白身魚(鯛)のカルパッチョ』(左)   プリモ『きのこ入り緑のリゾット』(右)
前菜の上のハーブはミントです。 リゾットの緑色はホウレン草。 

e0023471_11324457.jpgお土産に『アメリカの自然塩』を頂いたので、『アメリカ』(上)・『シチリア(トラーニ)』(左)・『フランス(ブルターニュ)』(右)の3種類の塩でカルパッチョを・・・。 塩の味の違いが、なかなか面白く盛り上がりました。
『アメリカ』は一番甘みを感じ、塩味が最後まで残るのは『イタリア』。 『フランス』は旨みと塩味のバランスが良く塩の万能選手というイメージ。
e0023471_11383648.jpg
セコンド『豚肉の煮物 リンゴ添え』。 フィレンツェ留学中に習った料理を、日本の食材に合わせてアレンジしました。 メディチ時代のレシピで、その頃は肉と果物をあわせるのが流行だったそうです。 ジビエの獣臭さを消すのにも、有効だったのでしょうね。
e0023471_11421939.jpg
ドルチェ『米のパンナコッタ』。 フィレンツェのオステリアで食べた味が忘れられなくて(11月17日のブログで紹介)、日本用にアレンジしてレシピを考えてみました。 
ドルチェの苦手なPanda、久々の会心作(自画自賛・・・)!! トッピングのジャムも手作りです(去年作って冷凍にしてあったものを解凍しました)。 

3月の生パスタ教室のご案内です・・・
[PR]
by allegria1i | 2006-02-27 12:06 | 料理教室 | Comments(4)

チョコレート? 柿の種?!

問題です・・・下の物体は何でしょう??
e0023471_1013548.jpg
答えファーストセレブレーション『マミング』
辛口あられ(柿の種)がチョコレートでコーティングされています。
恐る恐る口に運ぶと・・・これが甘辛の絶妙なバランスは、後を引く美味しさ。
煎餅系って思いのほかカロリーがあるし、そこに大好きなチョコレートが掛かっている・・ってPandaにとっては悪魔の食べ物かもと思いつつ、ついつい手が出てしまうのでした・・・。

誰かPandaの手を止めてください!!
[PR]
by allegria1i | 2006-02-24 10:20 | ふしぎ | Comments(5)

プリマヴェーラ~Panda家のハーブ達

『プリマヴェーラ』(イタリア語で春)って、ロマンチックな響きがあって好きな言葉・・。
現実は・・・そんなに甘くない。 Panda'sにとっては悩み多き季節。 2人とも花粉症で、鼻は出る、くしゃみは出る・・・ロマンチックには程遠い毎日です。

そんな2人をちょっと和ませてくれるのが、我が家のハーブ達。 といっても、世話をしているのは<夫>(Pandaはキッチンで人参の切れ端から葉っぱを栽培するのみですが・・・)。
e0023471_10472429.jpg
『オレンジミント&パイナップルミント』
寒い冬の間は部屋の中で越冬・・・。 そろそろ暖かくなってきたので、天気が良い日は昼間ベランダで日光浴させています。 
でも明日は雨か雪らしいので、また部屋の中に逆戻りかなぁ・・・。
e0023471_1050434.jpg
『イタリアンパセリ&レモンハーベナ』
ベランダに出しっぱなしのイタリアンパセリより柔らかくて、料理に重宝しています。
レモンハーベナは寒さですっかり枯れてしまい心配しましたが、見事復活!!

ハーブ達の強い生命力を見るにつけ、元気をもらっているPanda'sです・・。
[PR]
by allegria1i | 2006-02-23 10:57 | 畑&ハーブ | Trackback | Comments(2)

イタリア留学日記(10月9日)39~久々のフィレンツェ

どうやらこの日はあちこちでフェスタがあったようで・・・。
フィレンツェの市外を目前にフェスタに向かう渋滞に巻き込まれてしまいました。
ホテルにチェックインしたのは予定よりも1時間弱遅れ・・・。 疲れました・・。
ガイドの清美さん、ドライバーのクロードさん、お疲れ様でした。

夕食・・・簡単にすませるつもりでしたが、留学して以来ろくに魚を口にしていないPanda・・・。
どうしても魚が食べたくなってしまい、レストランへ。
とはいえ、あまりと遠くまでいく元気もなく、ホテルから10分位のレストラン「クワトロ アミーチ」へ。 
正直、フィレンツェの魚料理には期待をしていなかったのですが・・・期待をしない予想を裏切らない(?)お味でした。 

e0023471_11201088.jpg

『アミューズ』 
白身魚をほぐしたものに味をつけたクロスティーニ。 これはまあまあでした。


e0023471_11224090.jpg

『鱸のカルパッチョ』
って、何だか分厚いんですけど・・・。 厚めに切った鱸を蒸して?塩とオイルで味付け。
素材の味を生かして・・・と言えば聞こえはいいですが、何となく(というか、かなり)物足りないお味。


e0023471_11245614.jpg

『イカ墨のリゾット』
間違いなく、イカ墨のペーストを使用しています。
ちょっと(・・かなり)化学調味料の味がプンプン・・・!!色が薄くてもナチュラルなイカ墨が食べたかった・・・。 黒くないと文句が出たりするのかなぁ・・。

e0023471_11274320.jpg
『サーモンのインボルティーギ』
これはまあまあ許せる範囲のお味。 サーモンも生臭くなかったし・・・。 が、ここまででかなりの量です。 魚も続くと鼻につく・・・少々飽きてきました。
カメリエーレのお兄さんは「1皿の量はそんなに多くないよ」と言っていたのですが、それはイタリア人にとって多くない・・わけで、日本人には多すぎる!!


e0023471_11311742.jpg

『ヒラメのクワトロアミーチ風』
正直・・・・お腹が苦しくて食べるのが大変だったことしか覚えていません。
ハーブがたくさんとオリーブオイルたっぷりでかなりボリューミーでした・・。


と、Pandaとazが魚と格闘している隣の席には、初老のご夫妻が・・・。 英国系の英語を話していたので、旅行者だったのでしょう。 
奥様は大皿に山盛りのエビ(ちなみに前菜のメニューに載っていました)を、黙々とでもペロっと召し上がっていました。 勿論、その後メインへ・・・・恐るべし!! 

胃袋の小さい日本人は決して胃袋の大きい民族に喧嘩をうってはいけない・・・と思うPandaでした。
[PR]
by allegria1i | 2006-02-22 11:39 | イタリア留学日記 | Comments(2)

皆さん、ありがとう・・・・

先日の料理教室に参加された皆さんから、素敵なお土産を頂きました。
受講料も頂いたうえにお土産まで・・・もっと頑張って楽しい教室にしなければと。
皆さん、ありがとうございました。
e0023471_1017992.jpg西東京市名物『旭製菓のかりんとう』
Pandaの大好物、かりんとう・・・
ついつい食べ過ぎてしまうから購入を控えていたので、久しぶりです!!
『わさび味』かなりイケます。 「鼻にツンとくる+甘い=後を引く」というわけで、あっという間に食べきってしまいました・・・。
『黒はち蜜』ヤバイです。 はち蜜が加わって爽やかな甘さになっています。 こちらも後引き系・・・。 
e0023471_10265778.jpg『手作りのチョコレートクッキーとマドレーヌ』
Pandaよりも上手で・・・。 このマドレーヌはフランスで入手した蜂蜜を使用しているとのこと。
香りが強い蜂蜜でバターとの割合をどうするかで風味が変わり、研究中だそうです。 アマレットのような、花のような・・・芳しい香りのマドレーヌでした。


e0023471_103288.jpg『手作りのハンドクリーム』
蜜蝋をベースにハーブオイルとか調整オイルを入れて作るそうです。
香りが甘くって、夜寝る前に塗って寝るとアロマ効果で幸せな気分で休めます。 もちろん、翌朝は手がスベスベ・・・。 Pandaは荒れ性なので、本当にありがたいです。


e0023471_10401251.jpg
菓匠 甘楽 メロンまんじゅう』
包みを開くと、メロンの芳しい香り・・・ビックリ!! 饅頭からメロンの香りがするって、無いでしょ・・・普通。。。
切ってみて、またビックリ!! 餡が夕張メロン色・・このこだわりには脱帽です。
思わず、成分表をじっくり見ちゃいました。
メロンペーストが練り込んでであるんだ・・・
餡の色はパプリカ色素らしい・・・

味は・・・和風メロンパン? 美味しかったです!!


教室で皆さんからいろいろ教わってばかりのPandaです・・・
[PR]
by allegria1i | 2006-02-21 10:45 | その他 | Comments(1)

2006年 料理教室初め・・・・

今年から『イタリアンベーシック』『スペシャルコース』の2本立てにカリキュラムを変更してみました。

『イタリアン・ベーシック』は生パスタやイタリア各地のパンを1人で作ることを目指したコースです。
2006年2~4月は生パスタ。 

というわけで・・・・
先週末(土・日)は新しいコースの第一回目。 Pandaも少々緊張気味です・・・・。
初回は生地の練り方・扱い方に慣れていただくために、成形しやすい幅広麺を作りました。

e0023471_17424239.jpg

『ちぎりパスタのゴルゴンゾーラソース』
『ちぎりパスタ』って勝手に命名。
平たく延ばした生地をピザカッターやパスタカッターで適当に切ったパスタ。
ゴルゴンゾーラソースは電子レンジで作るので、超簡単です。


e0023471_17461869.jpg『パッパルデーレの白いミートソース』
裁断は3cmくらいですが、茹でると5cm近くになります。 トスカーナ留学中にこの幅広麺にはまってしまいました。
麺の上にソースを載せたり、巻いたり・・・肉とかクリーム系のソースに本当に良く合います。
白いミートソースはトマトの入っていないミートソース。 
以前教わったレシピをPanda流にレシピをアレンジ、千切りのフレッシュバジルを山のようにかけて頂きます。


e0023471_1753513.jpg
『フィットチーネ ナポリ風トマトソース』
この麺はパスタマシンで切りました。 実はパスタマシンで切るのが一番難しい・・。
1人で作るには、ちょっとしたコツがあるのです。 でも、みなさん直ぐにマスターされていました。
ナポリ風トマトソースはにんにくとバジルの香りがほんのりと香るトマトソースです。
一口にトマトソースといっても、地方や家庭、使うトマトの種類によって作り方が変わるのが、作っていても教えていても楽しいところです。


e0023471_17585938.jpg
前菜の『カップ仕立てのサラダ』とデザートの『リンゴのコンポート ポルト風味』
コンポートは保存も出来るし、何よりもコトコトすれば出来上がるので、とても便利なデザートです。今回はポルト酒で作ってみました。
レモンの皮とシナモンスティックを入れて、ちょっと大人の香りの仕上がり・・・。
添えてあるジャムは煮汁を煮詰めたもの・・・。 実はこれが一番美味しかったりします。 
[PR]
by allegria1i | 2006-02-20 18:03 | 料理教室 | Comments(3)

今日の"喰いタン"は・・・

昔の味のコロッケを探すお話・・・。

コロッケと一口に言っても、パン粉の大きさから揚油、ジャガイモと挽肉の割合・・・。
なかなか奥が深いのです。


Pandaなつかしのコロッケは・・・
OL(って今は死語?)になりたての頃(もう20年以上前のお話・・・)に知り合いの方にご馳走していただいた某ホテルのレストランのミートコロッケ(今はもうそのレストランは無いみたいです・・・)。 
肌理の細かいパン粉(今思えは、オークラのパンを卸して作っていたのかもしれません、肌理の細かいパン粉、初体験でした)に包まれた表面パリ、中がほんわり&肉汁がジワっと・・・そんなコロッケが自家製のトマトソースを敷いた白い皿の上3個、上品に並んでいました。
肉屋のコロッケしか知らなかったPandaには、その上品さと味わい深さが衝撃!!
料理の仕事を始めるずっとずっと前の話・・・・・でも、味は今でも覚えています。

パン粉は今でも肌理の細かいのが好き!! 
美味しいパンの残りを自分で摩り下ろしたり、ミキサーにかけて作ったパン粉が一番です。 
ただ・・・水分を吸ってしまうのも早いので、直ぐグニャっとしてしまって・・・・。
美味しく頂くには揚げながら食べるしかないのが、主婦としてはちょっと問題。

なんて書いていたら、コロッケ食べたくなってきちゃいました。

P.S. 某自動車会社が提供しているので、映っている車はそのメーカーが多いことに今更ながら気づきました・・。
[PR]
by allegria1i | 2006-02-18 22:28 | その他 | Comments(2)

シチリア旅行記⑧ 11月21日~モディカ散策

e0023471_11254225.jpg
チョコレート工房を見学した『Caffe dell'Arte』(カフェ・ラルテ)。 Caffe・・ということは、当然飲み物を飲むことも出来るわけで・・・・。 左がPanda注文のカフェマキアート、右はチョコラータ(ホットチョコレート)、ちょっと味見をさせてもらいました。 見た目通り濃厚&甘~い! おまけにカップがデカイ!! 余程チョコレートフリークの日本人でも1人で飲みきるのは不可能・・かと。
e0023471_11304344.jpg
『Caffe dell'Arte』(カフェ・ラルテ)のディスプレイとマジパン。 かなりお洒落なディスプレイ、こだわりを感じます。 マジパンはシチリアの有名なお菓子・・・味より見た目、ですね。 ちなみにイタリアのお菓子は全般的に日本人の想像を超える甘さです!!
e0023471_11343197.jpg
『Caffe dell'Arte』(カフェ・ラルテ)のチョコレートジェラート。 最初は我慢していたけど、やっぱり引き返して食べてしまいました。 カカオの質が良いので、甘くても口の中にしつこく残らないのです。 絶品。 片言のイタリア語で会話をしていたら他のジェラートも味見をさせてくれました。 

e0023471_11374644.jpg
 『サン・ピエトロ大聖堂』18世紀末~19世紀始めに建造されたようです。 そして、大聖堂の裏道を行くと・・・・静かなモディカの街が広がっています。

e0023471_11431814.jpg
クリスマス前だったので、こんなディスプレイも・・。
とっても素朴な感じ。

モディカは空気も時間もゆったりと流れている街で、体調不良でちょっと↓なPandaの気持ちを明るくしてくれました。 
[PR]
by allegria1i | 2006-02-17 11:46 | シチリア旅行記 | Comments(3)

納豆嫌い・・・

実はPandaは『納豆』が苦手・・・・。
あのネバネバと臭いがどうにもこうにも、口に入れるものとは思えないのです。
が、Panda一族が血管が細い家系だと知った<夫>は「ナットウキナーゼで血液サラサラになるんだから・・・」と、週に2~3回納豆を食べようとPandaに提案しました・・・。

朝食の時は、とにかく薬味たくさんで臭いとネバネバをごまかし食べています。
で、いろいろ試した結果『納豆』にも商品によって個性があることがわかり、最近やっとPanda好みの食べ易いものを発見!! やっと慣れてきました。

e0023471_21325344.jpg
『韓国風芋鍋』
本当は韓国の豆味噌を使うところ、『納豆』で代用。 
Pandaは何故かこの鍋だけは美味しく食べることが出来ます・・・。 
この鍋、豚汁に納豆と唐辛子を加えたようなもので、冷め難く寒い夜にはぴったりです。
『ナットウキナーゼ』って70℃以上になると死んでしまうらしいので、ちょっと煮込んで『納豆』を膨らませたいところ(この方が美味しいです・・・)を少し冷めた時に入れて混ぜるだけにしています。 この日はジャガイモの他に長芋も入れてみました(でも、Pandaは長芋のアレルギーも若干あり・・・火を入れても食べると口とか喉が痒くなります)。 
大根が無かったので、カブとカブの葉を代用・・・甘みがあって美味しかった!!
[PR]
by allegria1i | 2006-02-16 21:44 | 食材・料理 | Comments(0)

イタリア留学日記(10月9日)38~トスカーナ小旅行へ⑫

久しぶりのイタリア留学UPです・・・。
たった3ヶ月ちょっと前なのに、ずっと昔の出来事のような気がします。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

e0023471_10455521.jpg午後からは『シエナ』の街を散策・・・・トスカーナ小旅行の締め!!
久しぶりの暖かな日差しにご機嫌のPandaです。
上は市庁舎、下は市庁舎前の<世界で一番美しい広場>と言われているカンポ広場。 広場はホタテ貝のような形で、結構な傾斜が付いています。 この傾斜で広場がより広く見えるそうです。 確かに蝶番にあたる部分に立つと、広場が広くしかも迫ってくる感じ・・・・。
年に一回、地区対抗のパレオ(裸馬を使った競馬)が開催され、広場の中心に街中の人がひしめき合うようにすわり、応援をします。 日陰が無いので熱中症や日射病で救急車の出動も・・。

e0023471_10551273.jpg
2005年は数十年ぶりに<象地区>が優勝し休日の度に象地区はフェスタ(お祭り)!! この日も広場に象地区のシンボルマークの入ったスカーフを巻いた人々が鼻高々集まっていました(左がシンボルマークの旗)。 ちなみに<青虫地区>なんていうのもあります・・。

e0023471_10592250.jpg


オープンカフェも洒落た感じ。
ランチョンマットと紙ナプキン、クロスの色使いが鮮やか!!

e0023471_1134842.jpg
昼食後、大聖堂(ドゥモ)を見学。
図書館の中と、保管されている楽譜。 壁画の遠近法が見事で、実際よりも大きな部屋に感じます。 そして革に書かれた楽譜・・・・まるで絵画のようです。
e0023471_1165951.jpg
天井&床。 クーポラの内側にはたくさんの☆☆☆☆☆☆。 これで無限の天上界を示しているのかなぁ・・・。 
そして足元を見れば・・・・いろいろな色の石を使ったモザイクがたくさん・・。 

余談ですが・・・実はシエナはフィレンツェに対抗して大聖堂を大きくする計画を立てていたのです。 ところが・・・・途中、地盤が軟らかかったためか柱が斜めになり、計画は頓挫したのです。
その柱、大聖堂を出て左側の方に未だ残っています。 何百年も前の半端な柱を残したままにしておく・・・って何だかイタリアっぽいなぁと・・・。

『シエナ』はフィレンツェに比べて、空がたくさん見える街でした。 坂が多くてちょっと大変だけと、次に留学する時はこの街に住んでみたい!!と思うPandaでした・・。
[PR]
by allegria1i | 2006-02-16 11:17 | イタリア留学日記 | Comments(0)


板橋区高島平在住 「お手抜き主婦」 時々「イタリア料理教室の先生」 、『パスタ工房あ・まーの』の「工房長」もしている Pandaの日記です


by panda

画像一覧

プロフィール

自称「食クリエーター」が
日々の料理やワイン、雑感などを綴ります。
イタリア料理教室も主宰しています(お休み中)。
Pandaの
イタリア料理教室 HP


Panda'sが生パスタのレストランを始めました


『パスタ工房あ・まーの』の日記
毎日店舗で販売しているメニューを更新しています


トラックバック&コメントを承認制とすることにいたしました。
トラックバック&コメント後、直ぐに反映致しませんが、ご了承下さい。

なお、ブログ内容と関係のないコメントは削除させていただきます。

Pandaの(以前の)ワインblog

人気ブログランキングへ


パンダのお気に入りblog
Mangiaaa
Atsukoさんのブログ
しふぉんのわっか

フォロー中のブログ

イタリア生活日記ブログ+...
フランス美食村
イタリア料理留学日記
フィレンツェ田舎生活便り
おいしい~Photo D...
butakoの2年間の休...
海の青と空の青-ushi...
オリーヴオイルを追いかけて
ミルクムーン
ママさんシェフの料理日記
AppleMintの雑記帳
*イタリア料理紀行
猫森商会・お菓子日記
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
maman-maman
やまね日記
OLIVE
catsanのおいしいお話し
ゆとりの空感・aroma・
イタリア・絵に描ける珠玉...
Sweets@home*
スロースローカラブリア
ポン・グーのニャーな毎日
ココロの栄養
シチリア食通信 、時々イタリア
シチリア時間BLOG 2
mi piacciono...
La Tavola Si...
イタリア発 木のキッチン...
butako西の都に住む...

カテゴリ

全体
食材・料理
おやつ&デザート
食べ歩き
料理教室
Pandaの中国茶講座
料理教室・連絡
料理のツボ
プチプチリフォーム
カラブリアの旅 2013
ウンブリア州の旅 2012/13/14
サルデーニャの旅 2011
マルケ州の旅 2010
カンパーニャの旅 2009
フリウリ&ヴェネトの旅 2008
プーリアの旅 2007
2007夏 ローマ&フィレンツェ
リグーリア&ピエモンテ 2006
北イタリアの旅 2014
シチリア旅行記
イタリア留学日記
プチ旅行
フワラーレッスン
畑&ハーブ
パスタ工房 あ・まーの
wine
健康
喰いタン2
イタリア語教室
ワインスクール
ふしぎ
その他
2017 サレント半島
未分類

最新のコメント

自宅でアップしたので、新..
by allegria1i at 16:09
こんにちは! お久し振り..
by italiashiho2 at 15:04
一日休んだら、少し復活し..
by allegria1i at 22:52
こんにちは!  こんな..
by italiashiho2 at 14:12
★鍵コメ さま★ 連絡..
by allegria1i at 01:25
のぼりの素材って、生地が..
by allegria1i at 22:41
こんにちは! これ..
by italiashiho2 at 14:42

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
more...

ライフログ

イタリアの市場を食べ歩く
イタリア野菜のABC(アービーチー)
イタリア地方料理の探究―20州別に掘り下げる、イタリア料理の原点と今
シチリア・美食の王国へ―極上レストランとワイナリーを巡る旅
イタリアの地方菓子
ショコラが大好き!
料理人達の群像―フランス食卓史
銀色のフィレンツェ―メディチ家殺人事件
神々の食
オリーブオイルのすべてがわかる本
フジ子・ヘミング こころの軌跡(CCCD)

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
旅行・お出かけ

画像一覧