人気ブログランキング |

カテゴリ:カラブリアの旅 2013( 15 )

”Fattoria della Piana”  驚きのECOシステムとランチ編

こちらのチーズ工場、農園も持っており、
そちらで出る農業廃棄物や牛の糞、近隣から集まるオリーブの搾りかす、
リキュール工場から出る果物などの搾りかす等々(シチリアから運ばれるものもあるとか)
発酵したものは畑や牧草の肥料に、発酵時に発生するメタンガスは電気に変換しています。
メタンガスはそのまま大気に出てしまうと、二酸化炭素よりも温暖化効果が強いらしいです。
・・・ということは、環境に悪いものを良いものに変換しているというわけらしいです。
(と、Panda夫が申しておりました)
e0023471_22574358.jpg
ちょっと見難いですがその仕組みがこちら。

e0023471_23551100.jpg
実際の施設がこちら。
太陽発電もしており、農園で使用するものを除いて売電しています。
その利益・・・年間200万ユーロ。 
建設費が420万ユーロ、管理は一人で行っているので・・・すぐに原資回収できます。
発電量にして、約5000世帯分とか。

イタリアは電力を近隣国から買っているくらいなので、
このシステム、国からも注目されているそうです(ナポリターノ大統領から表彰されています)。
既に、イタリアで一番の設備ですが、まだまだ増設するそうです。
資源をきちんと生かし、地域にも貢献する(農業ゴミがエネルギーになるのですから)!!
システムも凄いですが、その意識の高さに一同「・・・」言葉を失ったのでした。

さて・・・
やっとランチです(かなり、お腹がペコリン状態)。
なんと、アグリトゥーリズモも併設しているチーズ工場(って、どこまでやり手なんだか・・)。
レストランは1953年まで闘牛の牛の牛舎だったところを改造、
自家農園(有機栽培)のものを中心に料理を出しています。

e0023471_23171820.jpg
チーズの試食も兼ねているので・・
当然チーズ尽くしのアンティパスト。ボッコンチーノ・リコッタ、ペコリーノ・レゼルヴァ。
ペコリーノ・・・大きさが良くわかりませんが、、、かなりの大きさです。
驚きなのは、食べ方。 上品に食べてはいけません。 
ナイフで柔らかいところこ穿り出して・・これ、一度やったら病みつきになる食べ方です。

e0023471_2320399.jpg
写真が小さくて見づらいですが、パンチェッタのインボルティーニ(中はサルシッチャ、肉を肉で巻いてます)と野菜の揚げ物(これ、カラブリアの定番のようです)

e0023471_23263059.jpg
ンドゥイヤは、ポットで温めながらパンに塗ってクロスタータにして食べるのが、今の流行りとか・・・。

e0023471_23281278.jpg
プリモはラディッキオとサルシッチャのリゾット(ピリ辛)とパスタ・トラディチョナーレ。 
ポモドーロ・セッコとンドゥイヤのソースです。 これは、美味しかったなぁ~(しみじみ・・)。

e0023471_23305872.jpg
セコンド:スカロッピーネ。 コントルノはポテトのオーブン焼きとトロペイヤの玉ねぎを使ったインサラータ。
生たまねぎ、刺激が強いので苦手だったのですが・・・甘い!!全然刺激がありません。

で・・・カチョカヴァロ食べる??っていう話になり(そりゃぁ、食べるでしょう・・)
e0023471_23335926.jpg
切っていただきました。
こちらも、香り豊かで甘くて美味しい♪
そりゃぁ、あの幸せな牛さんのミルクから出来ているんですもの、美味しいに決まっています!!

農園で採れたオレンジ、クレメンティーノ(マンダリン、カラブリア名産品)をドルチェに頂いて・・・
(正直、ドルチェが果物なのが嬉しかった)

みんなでチーズも購入し・・・次の見学地に向かったのでした。

・・・というわけで、次回はリキュール工場 ”CAFFO”の見学の様子を。。。
(続く)
*************************************************
by allegria1i | 2014-01-22 23:38 | カラブリアの旅 2013

”Fattoria della Piana” チーズ編

まずは・・・幸せな牛さん達。。。
e0023471_07495.jpg
美味しい有機の餌を食べて・・お昼寝中??
e0023471_08264.jpg
こちらは・・仔牛さん達。。 
美味しそう・・なんて間違っても言えないつぶらな瞳です。

・・・・で、どこにいるかと言うと
”Fattoria della Piana”  caciocavallo silano DOP、ペコリーノチーズ、モッツァレラチーズ等々を製造・販売するチーズ工場の見学です。

重装備での工場見学・・で、写真は少し少な目です。

取り敢えず・・・簡単にチーズの製造工程を写真を交えながら。。。
工場は大きく2つのエリアに分かれます。

<La zona sporca>外部と接するエリア
外からミルクが届く場所で、戸外には2万リットル保存できるタンクがあります。
ミルクは牛乳(自家製)・羊・水牛(契約農家)の3種類で
遠心分離機でほこりを取り除いた後、70℃で5~6秒殺菌し4℃のタンクで管理して次の工程を待ちます。

<La zona pulita>チーズを製造・一部パッキングするエリア
リコッタ、モッツァレラ(牛乳・水牛)、ペコリーノ、カチョカヴァッロ・シラーノDOP、
カチョカヴァッロ・アッフミカータ等々・・・

e0023471_0235552.jpg
牛乳のリコッタチーズ
e0023471_0242379.jpg
羊乳のリコッタチーズ
リコッタチーズは牛乳のみ、牛乳+水牛乳、羊乳の3種類のミルクから製造しています。
いずれも85℃まで乳清(一度チーズを作った後の水分)を温め、少しミルクを足して固めます。
大きいものは牛乳系で基本的にはフレッシュで、
リコッタペコラ(羊乳)はフレッシュで食べるほか、少し熟成させて料理に使います。

e0023471_0302812.jpg
モッツァレラチーズの前段階のカードと手練りの様子。
こちらの工場では、牛乳は50gのボッコンチーノにするのが基本ですべて機械化されています。
一度凝固したもの(写真のカード)に90℃の湯を加え練り直し、この作業でモッツァレラ特有の繊維が生まれます。 大きな塊を機械にいれて小さな玉を作っていきます。

e0023471_0343380.jpg
対して、水牛のモッツァレラは練り直しを手作業で行います。
牛乳に比べて脂肪分が多く、かなりの重労働・・

e0023471_037321.jpg

しかも・・・手が真っ赤になるくらい熱いチーズを手で成形していきます。
(200gの玉は機械で成形していましたが)

モッツァレラチーズは常温(24℃くらい)にして食べるのが一番おいしいとの事。
(もちろん、保存は冷蔵庫で)

そして・・・・
フレッシュな状態で食べないチーズは熟成庫へ。。。温度は12℃に管理されています。
e0023471_0384157.jpg
カチョカヴァッロ・シラーノDOP(右)とペコリーノ(左)。
ペコリーノ・レゼルヴァは1年以上熟成させたもの。 
カビから守るためにオリーブオイルで表面を拭き、半年から一か月で上下をひっくり返すとの事。
さて・・・ここで???
というのも、
今まで訪問してきたチーズ工場(チーズ工房)は毎日のように手入れをしていたのに
なぜなぜ・・・半月で大丈夫なの?? 

Panda夫の観察の結果・・・
今まで見学したところよりもチーズをのせている板の通気性が良いみたい、と報告が。。。
確かに、板と板の間隔広くなっていたり、下が網状になっていたりしています。
(言われるまで全く気が付かなかった・・・よく見ているものだと感心。。)

工場見学の後、幸せな牛さん達に会いに行くわけですが・・・
(ちなみに、牛さんの世話はシーク教徒の方に任せているとの事。 
何故なら・・牛の事が一番分かっていて、大切に育ててくれるから・・納得!!)

途中、驚きのシステムの話を聞くことに・・・
そのお話とチーズランチの様子は次回という事で・・・
(続く)

*******************************************
by allegria1i | 2014-01-22 00:49 | カラブリアの旅 2013

カラブリアランチ at 高田食堂(東高円寺)

e0023471_21594621.jpg
昨年のカラブリアの旅のメンバーが集まって・・・
ワイワイと旅の思い出や、あれやこれやを語り・食べ・飲み・・・

e0023471_2201964.jpg

e0023471_2205016.jpg
旅の思い出をリーフレットにまとめてくださり、
フォトフレームも思い出いっぱいの場所が次々と・・・
心もお腹も・・・しみじみ懐かしい。。。

e0023471_2241021.jpg
アンティパスト:
カブとカリフラワーの柚子風味マリネ
カキのオイル漬け
いちごのバルサミコマリネ
ルイジ・カッカモさんのソプレッサータ(サラミソーセージ)
ピスタチオのケークサレ
ンドゥイヤのピッツァ

どれも、丁寧に作られていて・・・美味しい。。。
ンドゥイヤ、ピッツァもいけるのかぁ~。。。

e0023471_22750100.jpg
プリモ:ロザマリーナとシラスのカザレッチェ
セコンド:ラム肩肉と香味野菜の赤ワイン煮込み

カザレッチェ・・・どのくらい茹でれば??といつも悩みますが、、、なるほど~。。
セコンドを仕上げているときの、高田食堂のご夫婦の並んだ後ろ姿が・・・・
何だか眩しくて・・・二人で力をあわせないとなぁ~などと反省しきりのPandaです。

e0023471_22124219.jpg
ワインもカラブリア産の白・赤を・・・
イタリアワイン・・・しみじみ潔く美味しい。。。

e0023471_22134421.jpg
ドルチェ:チョコレートのケーキ
柚子とレモン風味のチーズケーキ
ほうじ茶のパンナコッタ

少しずつ種類を揃える手間がわかるだけに・・・
ゆっくりと味わっていただきました。。。

お土産に頂いたパウンドケーキ、丁寧で繊細なお味。。。
「これ、作れないの?」と夫に言われるも・・・
私が作ると、もっとざっくりした出来と味になるに違いない。。。
でも、Panda流にちょっと頑張ってみるかなぁ~。

高田食堂さん、本当は定休日なのにありがとうございました。
ご一緒させていただきました皆さん・・・楽しかったです。
今年は、寒くて長い冬になるらしく・・・
秋にまた一緒に旅ができますように、元気に過ごしましょう♪

***********************************************
by allegria1i | 2014-01-20 22:19 | カラブリアの旅 2013

鍛冶屋さん

e0023471_23444167.jpg

ホテルの窓から見えた鍛冶屋さん。。。。

鍛冶屋さんって、初めて見ました。。。

Panda夫曰く「昨日の朝は、外でやっていたんだけど・・・。 写真を撮らせてくれるかなぁ~」

・・・で、お願いしましたら快くOK。
e0023471_23461275.jpg

音もお届けしたかったです。

さぁ、これからバスに乗ってチーズ工場へ向かいます。。。

****************************************
by allegria1i | 2014-01-07 23:47 | カラブリアの旅 2013

cantina COLACINO

ランチの後は、一路カンティーナへと向かいます。
まだ実質3日目なのに・・・疲れています。。。。胃も体も。。。。

・・・というわけで、写真があまりありません(余裕がなかった)。
その分、ワインの感想はしっかり書き留めましたので、今回は文章主体で・・・。

e0023471_1030278.jpg

こちらのカンティーナ、カラブリアの固有品種に特化したワイン造りをしています。
「歴史ある品種を使い、個性のあるカラブリアのワインを造る」って、何かワクワクします。

ちなみに、日本にも輸入されているし、イベントでも紹介されているので
出会った方も多いかもしれませんね。

畑は20ha、傾斜35%、99%ビオロジック・・・って、もう手作業・手摘みしかありえないわけで。。
大変な作業で成り立っているワインです。
現在は15万本/90%は輸出用(うち中国が40%が中国・・というのが、軽くショックでした)。

ガンベルロッソやミシェランでも紹介され、世界のワイン500本にも選ばれている・・
いよいよ試飲が楽しみになってきました。

一応、栽培品種を・・・
<赤>
Arvino, Greco nero, Nerello cappuccio, Magliocco canino
<白>
Mantonico, Greco Bianco, Malvasia bianco, Pecorello

畑は山からの風が程よい乾燥をもたらし、昼夜の寒暖の差も大きく
非常にぶどう栽培に向いている場所に位置しています。
栽培品種が多いのですが、点在している畑の土壌にあわせて植えているとの事。
1968年、自家用で造りはじめてからここまでくるのには・・強いこだわりと努力があったのでしょうね。

興味をひいたのが、樽の使用法。 
大半はステンレスタンクで醸造、一部オーク樽を使っているのですが
一部樽熟成させながら、ステンレスタンクも併用してワインを樽⇔タンクと入れ替えながら
熟成させるらしい(多分・・・Pandaの拙い語学力なので、聞き間違えもあるかもです。。)。
まぁ、カーヴも狭かったし、樽も少なかったので・・あっていると思います。

e0023471_10435189.jpg

こちらが現在醸造されているワインの全て。 この中から今回試飲するワインを選びます。
(あれ??11種類あるはずなんですが・・10本しかないですね)

e0023471_10514630.jpg

真剣にワインを選んでいるPanda。。。
ワインに詳しい参加者(Pandaはイタリアワイン、少しだけしかわかりませんが)で選んだ結果・・

e0023471_10531719.jpg

こちらが試飲のワインです。 
日本に輸入されているものは外し、
Savuto DOCを中心に、こちらのカンティーナの個性が感じられるものにしました。

すべてのワイン、美味しかったです。
何ともいえないオーラ(ってこれじゃ伝わらないか・・・)があって、
口にして心地よく、食事も美味しくなるだろうなぁと感じるワインでした。
白とロゼはフレッシュ&フルーティー、赤はベリーの豊かな香りにハーブやスパイスの香り。。。
赤ワインはPandaの苦手なタンニンも程よく、バランス良かったです。

これだけの本数を、ゆっくりと試飲したので・・・・時間もかかったわけで、、、、
e0023471_10595752.jpg

すっかりお疲れモードのPanda夫。。。


次回は、サプライズに溢れたチーズ工場見学の様子などを・・・
(続く)
********************************************
by allegria1i | 2014-01-06 11:02 | カラブリアの旅 2013

丘の上の agriturismo MANCARO

オリーブ農園を後にして、向かったのは・・・・
e0023471_12475.jpg

丘の上の agriturismo ”MANCARO”

スケジュールが押しているので、
一番早く出てくるantipasto + pastaのコースを予約済みで~す、との事で
ちょっとはお腹に楽をさせてあげられるかと思ったのですが・・・・

e0023471_16269.jpg

antipasto misti:
コッパ、生ハム、リコッタチーズ、ペコリーノチーズ、コッパのパニーノ、ロサマリーナのクロスティーニ
・・・・で、これだけならと油断。。。。

e0023471_181722.jpg

・・・・がぁ~、後から出てくるantipastoの数々。。。
The カラブリア!! 前菜お食べ地獄(いや、天国??)。
カリフラワーのフリット、ロザマリーナのフリット、ポテトコロッケ、チコリアとポテトのフライパン炒め、
カネロニ(って前菜??プリモでしょ)、ブッチェラッティーニ(って前菜??ドーナッツ状の揚げ物)、
ロールキャベル(って前菜??セコンドだよねぇ)、黒オリーブのフリット

と、少しずつ突っ込みを入れながら、頑張って食べましたが・・・ 
日本人は小鳥の如く、piccolo stomacoなのだよ。。。。
どれも、ホント美味しいんだけどね・・・気持ちは食べたいんだけど、腹も身の内。。。

e0023471_119329.jpg

primo: フィジッリ トマトソーススペアリブ煮込み
トマトソースならいけるかも・・と思うも、お肉がどっしりと載っていた。。。。

e0023471_1205923.jpg

追い打ちをかける自家製赤ワイン。。。
カラブリアで頂いた自家製赤ワイン、
口当たりは良いのですが、ひどく酔いがまわるみたい。
アルコール度数が高いんだろうなぁ~。
Panda夫、どうもこの手のワインを飲んだ後に具合が悪くなる傾向が(本人は気付いていませんが)・・・。
というわけで、この後カンティーナ訪問なのであまり飲まないようにストップを必死にかけるPandaでした。
(Pandaは、あまり食べないようにPanda夫からストップをかけられた・・・確かに胃弱です、、私。。)

ちょっと引っ張りますが・・・次回はカンティーナ訪問を。。。
(続く)
******************************************
by allegria1i | 2014-01-06 01:27 | カラブリアの旅 2013

i Tesori del Sole

e0023471_1905737.jpg

カラブリア州カタンザーロ県のオリーブ農園を訪問。
" i Tesori del Sole "はこちらのオリーブ農園の自社ブランドオイル名です。

2000年より<Lametia D.O.P.>を生産、
Lametia D.O.P.はCarolea種(カラブリア固有種)を主体にしたEXV.オリーブオイルです。

オリーブオイルの生産量はイタリアで一番といわれるカラブリア州。
e0023471_216285.jpg

古木があちらこちらに(古木とは130~250年経ている世紀木を指します)・・・。
8,000本が古木、6,500本は2000年に植えた若木との事。

この農園の始まりは17世紀、1974年に現在の所有者Azienda Agricola De Lorenzo & C.が
買い取り運営しています。

e0023471_2112033.jpg

農園・・・こんなに広いです。 100ha余って・・・・広すぎて実感が湧きません。。。。
Carolea種が全体の約90%、他にCoratina種を栽培。 

で・・・・こんなに大規模になるとハンド・ピックは難しく、、、
e0023471_2122626.jpg

機械摘み・・・機会が動くさまは迫力満点。 scuotitore con ombrelloという機械が活躍!! 
木の幹をガッチリと大きな爪で挟み、すごい勢いで木を振動させて実を落とし傘で受けます。
機械が動くには木の間隔が必要&平地であることが必要です。 大規模農園だからこその機械化ですね。
 
実が擦れて傷がつくので、機械摘みを好まない生産者も多いのですが・・・
カラブリア滞在中は、結構目にしました。 

傘からこぼれた実は専用の機械で拾い、低品質のオイルとして出荷するとか。
食用に適さないほど劣化が進んでいるものは、工業用にすると言っていました。

イタリアでは何度となくオリーブオイル生産者を訪問していますが、
土についたオリーブでオイルを絞って出荷する・・というのは、初めて聞きました。
でも、このオリーブの実を拾う機械も幾度となく目にしましたので、
カラブリア・オリーブ農園「ある・ある」なのでしょうか。

e0023471_21392387.jpg

Carolea種100%の製品と、オリーブ栽培について熱く語るAntonioさん。
自社ブランドは、まだ熟していない、ほぼ緑のオリーブを絞っているとの事。

で、もう一つ驚いたのが・・・
客先の要望に応じて、緑~黒までいろいろなブレンドで絞っているという話。
お客さんのプライベート・ブランドも生産しているとは・・・
小規模生産者を訪問することが多かったので、ちょっとびっくりした次第。

e0023471_21461442.jpg

この日は、自社ブランド品を絞っていたので、絞りたてのオイルは緑色・・・。

今年(2013年)は9・10月に雨が降ったので、味がまろやかなんだそうで。
昨年(2012年)は暑く少雨で熟しが遅れたため、苦みが強くなったとの事。
オリーブオイル=農作物と感じた瞬間でした。。。。

e0023471_2149012.jpg

敷地の中に、水道橋があり(ローマ時代ではなく、もっと新しいと言ってました)、上れるというので・・・・

e0023471_21504358.jpg

・・・・勿論、上りました!! どこまでも続くオリーブ畑。。。。

いろいろとビックリが多かったオリーブ農園訪問でありました。


・・・・と長くなりましたので、とっても美味しかったランチ&カンティーナ訪問は次の回に・・・。
(続く)

**************************************************
by allegria1i | 2014-01-05 21:58 | カラブリアの旅 2013

怒涛の料理教室 

さて・・・・予告してから思わせぶりに、、、、
年を越してしまいましたが、、、怒涛の料理教室の様子などを。。。
e0023471_18102868.jpg

何が怒涛かと先に申しますと・・・・
品数の多さ(後でメニューリストを書きますが)、
一度にいろいろな事がどんどん進み、
カラブリアのマンマのパワーの渦に巻き込まれるというか・・・
気が付くと、もう食べ始め・・・
前菜だけでお腹がパンパンになり・・・・
ドルチェはおろか、セコンドも食べられないくらいお腹いっぱい&疲れも一杯・・・

そう・・・この料理教室で気が付いたのです・・・・
「カラブリアってアンティパストお食べ地獄かも・・」

e0023471_18112463.jpg

こちらが本日の先生、Anita Orsaraさん。
弟さんが日本でレストランを経営、
日本のイベントにも参加されているので、ご存知の方も多いかも・・・。
とにかく、パワフルなカラブリアのマンマです。

今回の参加者に
プロのシェフ・料理研究家・パスタ屋(これ、Panda'sのことです)がいるという事で
前日から気合が入りまくりだったとか・・・・。

可愛らしいテーブルセッティングの席に、本日のメニューが置かれていました。
で・・・・開くと「えらいこっちゃ!!」です。

e0023471_1828838.jpg

~Antipasto~
Frittelle di rosamarina(しらす入り卵多めの揚げ物、美味しかった♪)
Frittelle di pomodori e peperoni salato(保存食の塩漬け野菜を使った揚げ物)
Formaggio pecorino con marmerata(チーズに自家製のジャムを載せただけなので作る必要無し)
Olive calabresi(自家製のオリーブの塩漬け、こちらも作る必要なし)
Frittelle di asparasi selvaci(野生のアスパラガスの揚げ物)
Crespelle(柔らかいパン生地をAlici peperoncino巻き付けた揚げパン)
Frittata di asparasi selvaci(野生のアスパラガスの卵焼き)
Frittelle di cipolla e 'Nduja(玉ねぎとンドゥイヤの揚げ物)

途中から時間短縮のため、
前菜の一部を外にセッティングしたテーブルで食べながらの実習だったのですが・・・
(セコンド以外の調理は外のキッチンで行いました)

気が付きました?? 揚げ物比率がとても高いのです。
しかも・・・揚げたてはサクサクしていて軽く感じるし、お腹は空いているし・・・で
ついつい食べ過ぎてしまいます(って、これが間違いの始まりなのですが)。
揚げ物・・・一緒に参加されたシェフの方がほとんど一人で揚げました。
よって、、、今一つ衣の配合が不明です。 材料によって微妙に違うのですが・・・。

e0023471_18334041.jpg

Crespelle・・・・Anitaさん、超柔らかい生地を器用にAliciに巻き付けて揚げていきます。
Pandaに出来るか??と問われれば・・・超A級難度で無理かも。。。。
美味しいので、何とかものにしたいところですが・・・

e0023471_18402861.jpg

~Primo~
Fujilli con funghi porcini e salsiccia(生フィジッリ、皆で巻き巻き・・この作業に終始した感じ)
Pasta alla cetranese con alici e mollica di pane(唐辛子漬けのaliciを使う郷土料理)

フィジッリは、作る人によって長さや太さが違ってしまい・・・
そうなると、味も今ひとつなってしまいますね。。。 ちょっと残念!
一応、生フィジッリは習得できました。
個人的には郷土料理のパスタが好み、オイルサーディンとアンチョビと唐辛子を混ぜて代用できそうです。

e0023471_1846260.jpg

~Secondo~
Pollo di mamma Anita(こちらはAnita風カチャトーラといった感じ)
Agnello alla calabrese(カラブリア風仔羊のグリル)
鶏料理は、ウンブリアで習ったカチャトーラのカラブリア版なので再現できそうです。
仔羊は・・・日本ではお高いですから。。。でも、手法は牛肉のグリルに応用できそうです。

~Contorno~
Cicorie salvatici con patate in padella(野生のチコリアとポテトのフライパン焼き)
Peperone secchi "Jarli"(前日に習ったクロッカンテです。Anitaさんは丸ごと揚げます)
チコリアとポテト、美味しかった。 唐辛子がちょっとだけ入っているのがポイント。

e0023471_18521940.jpg

こちらは・・・カラブリアでよく食べる豚の皮の料理・・・。
匂いと食感にかなりの癖があり、、、苦手でした。。

e0023471_18535723.jpg

~Frutta~
Frutta di stagione(季節のフルーツ)
自家製で・・・これだけ採れるらしい。。。 小さいイチジクの味が濃くて病みつきです。

e0023471_18555923.jpg

~Dolce~
Crostata di marmelata d'uva(ブドウジャムのクロスタータ)
Sbriciolaia con ricotta(リコッタチーズのケーキ、重たい・・・)
Torcelli calabresi(カラブリアの揚げ菓子、写真のもの)
お菓子類は、すべて用意されていました。。。。

Torcelliは南イタリアによくあるパターンの揚げ菓子なので、何とか作り方もわかりますが・・。
他が、、、よくわかりません。
クロスタータ、生地がフワっとしてサックリ・・・。配合が知りたいなぁ~。

e0023471_192620.jpg

最後に登場したのが・・・自家製のレモンチェッロ。。。
こんなに凍るフリーザーって・・・?? 

というわけで、レシピがよくわからないまま教室は進み・・・。
う~ん、特に揚げ物の衣とお菓子の配合がよくわかりません。。。。
困った・・・・



次回は・・・オリーブ農園その他を一気にUPしま~す!!(続く)
*************************************************
by allegria1i | 2014-01-04 19:04 | カラブリアの旅 2013

閑話休題・・・

旅のレポートの途中ですが・・・。
ローマ空港で買ってきたパネットーネ。。。
e0023471_2351855.jpg
乗り継ぎの出国手続きが、異常な混雑。。。
でも、職員は・・・・一向に急ぐ気配なく、、、
ちょっと殺気立ち始めた税関を抜けた時には・・・搭乗時間が過ぎていました。。。
Panda夫は「パネットーネ、宜しく」と言い残し、急ぎ搭乗口へ・・・。
残されたPanda。。。。
選ぶ余裕もなく・・・・手に取ったパネットーネは「マロングラッセ」。。。
どうりでお値段がいつもより高いと思った。

結局、飛行機は1時間ほど遅れていたので・・・
ホントはゆっくり選べたのよねぇ~。 
まぁ、じっくり選んでいたら、こんなに高いものは買わなかったので
今年はマロングラッセとご縁があったという事で・・・。

e0023471_23572474.jpg
マロンちゃんの甘さが移って・・・かなり甘いです。。。
でも、ゴロゴロと入ったマロンちゃんが美味しい♡
少しずつ楽しんでいます♪

*********************************************
by allegria1i | 2013-12-09 23:59 | カラブリアの旅 2013

Prodotti tipici di Agostino e Valentina Tricarico

朝から料理教室に出発・・・で、途中で寄り道です。

e0023471_23232123.jpg
小さな町のこんな通りを進み・・・・(町の名前はCetraro)
e0023471_23235544.jpg
こんな小さな角を曲がったところにあります・・・・。
長い名前の、、、、お店?工房??
中では・・・
e0023471_23245276.jpg
”rosamarino”はいわしの稚魚を唐辛子に漬けたもの(上)と"sardella sotto peperoncino"アンチョビの唐辛子漬け(下)。

もとは、漁師の奥さんが保存食として作ったもの。
辛い?ウマい?? 日本の食品だと・・・・明太子みたいなお味かなぁ~。
写真は6か月熟成で、もうちょっと置いておくともっと美味しくなるらしい。。。。

ここ・・・・200年以上の老舗とか。。。
”Prodotti tipici di Agostino e Valentina Tricarico” 
唐辛子漬けの製造&販売のお店です。

e0023471_2334153.jpg
洗濯ものの、こんな干し方も・・・イタリアらしいです。。。


いよいよ、怒涛の料理教室の始まり・・・・
(続く)
**********************************
by allegria1i | 2013-12-04 23:35 | カラブリアの旅 2013


板橋区高島平在住 「お手抜き主婦」 時々「イタリア料理教室の先生」 、『パスタ工房あ・まーの』の「工房長」もしている Pandaの日記です


by panda

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

自称「食クリエーター」が
日々の料理やワイン、雑感などを綴ります。
イタリア料理教室も主宰しています(お休み中)。
Pandaの
イタリア料理教室 HP


Panda'sが生パスタのレストランを始めました


『パスタ工房あ・まーの』の日記
毎日店舗で販売しているメニューを更新しています


トラックバック&コメントを承認制とすることにいたしました。
トラックバック&コメント後、直ぐに反映致しませんが、ご了承下さい。

なお、ブログ内容と関係のないコメントは削除させていただきます。

Pandaの(以前の)ワインblog

人気ブログランキングへ


パンダのお気に入りblog
Mangiaaa
Atsukoさんのブログ
しふぉんのわっか

フォロー中のブログ

イタリア生活日記ブログ+...
フランス美食村
イタリア料理留学日記
フィレンツェ田舎生活便り
おいしい~Photo D...
butakoの2年間の休...
海の青と空の青-ushi...
オリーヴオイルを追いかけて
ミルクムーン
ママさんシェフの料理日記
AppleMintの雑記帳
*イタリア料理紀行
猫森商会・お菓子日記
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
maman-maman
やまね日記
OLIVE
catsanのおいしいお話し
ゆとりの空感・aroma・
Sweets@home*
スロースローカラブリア
ポン・グーのニャーな毎日
ココロの栄養
シチリア食通信 、時々イタリア
シチリア時間BLOG 2
mi piacciono...
幸せなシチリアの食卓、時々旅
イタリア発 木のキッチン...
butako西の都に住む...

カテゴリ

全体
食材・料理
おやつ&デザート
食べ歩き
料理教室
Pandaの中国茶講座
料理教室・連絡
料理のツボ
プチプチリフォーム
カラブリアの旅 2013
ウンブリア州の旅 2012/13/14
サルデーニャの旅 2011
マルケ州の旅 2010
カンパーニャの旅 2009
フリウリ&ヴェネトの旅 2008
プーリアの旅 2007
2007夏 ローマ&フィレンツェ
リグーリア&ピエモンテ 2006
北イタリアの旅 2014
シチリア旅行記
イタリア留学日記
プチ旅行
フワラーレッスン
畑&ハーブ
パスタ工房 あ・まーの
wine
健康
喰いタン2
イタリア語教室
ワインスクール
ふしぎ
その他
2017 サレント半島
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...

ライフログ

イタリアの市場を食べ歩く
イタリア野菜のABC(アービーチー)
イタリア地方料理の探究―20州別に掘り下げる、イタリア料理の原点と今
シチリア・美食の王国へ―極上レストランとワイナリーを巡る旅
イタリアの地方菓子
ショコラが大好き!
料理人達の群像―フランス食卓史
銀色のフィレンツェ―メディチ家殺人事件
神々の食
オリーブオイルのすべてがわかる本
フジ子・ヘミング こころの軌跡(CCCD)

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理家
旅行・お出かけ

画像一覧